スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

待ち合わせ

待ち合わせ


待ち合わせ、待ちぼうけの退屈から解放できるアイテムを普通の人々が手にしてから
もう既に10年以上が経ちました。

この10年で我々が手にすることができる情報量は爆発的に増加しており今も尚増加し続けているけれども、それに比べて我々が消費することができる情報量は通信インフラの拡充と情報端末の高性能化を以てしても微増しているに過ぎない。考えて見れば当たり前の事で、人間自体の(情報処理能力も含めた)身体能力が大きくは変化していないのだから。。。

しかし、よくよく考えてみると、情報を提供(公開)する側も人間(のはず)だから彼らの情報処理能力も受け手側とそれほど変わらないはずだ。勿論、文字⇒静止画⇒動画と情報そのもののデータ量が大きくなっているのだから、情報量全体も増加するだろう。ところがこの場合は送り手の情報量が増えた分、受け手の情報量が増える性質のものである。きっと、ここ10年で受け手が消費することができる情報量の微増は、そのような理由からだろう。

仮説ではあるけれど、送り手の情報量が爆発的に増えている理由は以下の2つかなあと思う。
1. 送り手の数が爆発的に増えている。
2. 情報の複製が増えている。

どうであれ、情報量が増えて我々が手にできる情報の選択肢が増えた事は多分良い事で、沢山の選択肢の中から選択出来る事で、より自分が欲しいモノを手にする事ができるようになったはずだ。。。



本当にそうなのか?



退屈を失った事が何を意味しているのか、まるで全く解らない。

ところで、数年前からノートパソコンと格闘している実家の母から久しぶりに電話があり、「最近、"検索"してもちっとも見たいページに辿りつけないから"検索"するのが面倒だ。」と漏らしていた。仕事柄、(ガッカリする程)ネット検索を使用する私自身、手にしたい情報に辿りつくのに前よりも時間がかかるような気がしている。もしかしたら、かつて退屈だった時間がそのまま検索している時間に置き換わっただけなのかもしれない。。。だとしたら、それってとても"残念"だ。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

トラックバック

コメント

ご無沙汰です!

写真、いい雰囲気ですねぇ~♪

情報は複製されたものが山ほど出てきてますね。
ググッてもちょっと前ほどスパッっと欲しい情報にたどり着けなくなってきているのも書かれているとおり^^;
見る側がいかに必要なものを見つけるのか、そこにたどり着けるのかが必要とされるんでしょうねぇ・・・面倒やわ^^;
Commented by eguegu   URL at 2010/11/14(Sun) 19:45:12

egueguさん、こんにちは!!

お久しぶりです。
egueguさんも同じように感じられているんですね。。。(^^;)
なんとなくですけど、キーワード検索って使う側にとって、そんなに直感的じゃないのかなあ・・・と思うことがあります。

だからと言って代替になる検索方法がある訳でもないのですが(汗)
Commented by mToTm   URL at 2010/11/20(Sat) 12:40:30

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。