スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

GWとクレーン

クレーン
下から目線♪


GWも(人によっては)あとわずか、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は・・・殆ど家でダラダラと過ごしました♪
そんな私ですが、せっかくのGW、銀座・・・とはいってもほぼ築地方面にですが出かけました。。。
・・・で、その帰りにブラブラと銀座?有楽町方面を街撮りした次第です。

当初は銀ブラ(死語?)するつもりなど無かったので、相当に場違いな格好で。。。(汗)
GWなので人がとっても多かったですね、、、銀座のNikonサロンにも立ち寄り、新発売されたばかりのNikon D5000の実機も触らせてもらいました♪

エントリークラスのデジイチでありながら、しっかりしている印象、ライブビューも後発だけあって十分に見易さや使い勝手が考慮されているのが判りました。。。
そして気になるのが動画機能、プロ機や高級機はこれからも高画素化や受光素子の大型化の流れが続くのでしょうが、エントリーモデルにおいては明らかに動画撮影機能がキーワードになっているようです。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

トラックバック

コメント

うおっ!デザインが変わっててビックリしました(^^; 背景のコラージュがスゴ~イ。

築地って…結局移転しちゃうんですかね。現状どうなってるんだろう?
もしホントに移転しちゃうなら私も今のうちもっと見ておきたいですけど…。

職場のD90使いの同僚に聞いたらD5000ってボディ内モーターがないんで食指が動かないと言ってました。
となると系列ではD60の後継機?になるんでしょうか。
でも縦開きのバリアングル液晶ライブビューは猫撮りしやすそうでいいな~と(^^;
Commented by みけ   URL   編集[pY.z5wAw] at 2009/05/06(Wed) 20:27:53

こんばんは~
新しいデザイン素敵ですね。
写真も大きくなって見やすいです。
築地から銀座辺りはブラブラと写真を撮るのにちょうど良いですね。
Commented by TAKE   URL at 2009/05/06(Wed) 22:30:32

みけさん、こんばんは。

ビックリしていただけ、とても嬉しいです!!
テンプレートを作った甲斐がありました!! (T∀T)

築地市場の移転問題・・・もうタップリ予算を計上したはずなので、無理やりにでも移転するんじゃないのかなあ・・・って個人的には思います。
嫌な言い方ですが、お役人は結局面目が大事なだけだし(^^;)
更に嫌な言い方ですが、東京とは超お金持ちなので。。。(^^;)

今回のD5000の販売で現行販売中の機種が結構多い状態ですね、
・・・D5000ってバリアングルモニターを引き算するとD60そのもののような気がするのですが、価格がそれなりに高いので・・・。
でも、もう名前が無いですからねぇ・・・。
カメラメーカーの機種名(特に一眼レフ)ってフィルム時代の名残を継承してるのですが、ライフサイクルがフィルム時代と全然違うので、あっという間に名前が無くなってしまいますね(汗)

デジイチのエントリーモデルにおいては、ニコンの”ライバル”はキヤノンなのでしょうが、”敵”はパナソニックやカシオなどの家電メーカーです。
そして彼らにとってデジタル一眼はデジタル家電の一つでしかありません。


TAKEさん、こんばんは。

テンプレート、褒めてくださってありがとうございます。
銀座は写真を撮るにはいいスポット、私が散策した日もデジイチを旨にぶら下げた人を結構見かけましたよ(^。^)
Commented by mToTm   URL at 2009/05/06(Wed) 23:02:16

粋な言葉

“銀ブラ”は、決して死語には…なって欲しくない「言葉」だと思っています。
“銀ブラ”というのは、余裕が感じられる…とても『粋な言葉』だと、思っています(^^♪
“銀イソ(=銀座を忙しく駆け回る)”…ってな言葉が流行りだしたら、それこそ「興ざめ」です!

これから、カメラに精緻な動画機能が「標準装備」されだすと…。
ブログの世界も、大きく変化するのでしょうか…ネェ(*^^)v
タイムリーな“情報提供”に…、I’ll boost your rank up through my click.

Commented by Grayman returns   URL   編集[2wjjqiAQ] at 2009/05/07(Thu) 00:48:49

Grayman returnsさん、おはようございます。

銀ブラって確かに気持ちの余裕が感じられる言葉ですよね。

Nikon D5000の件ですが、コンパクトデジカメのカテゴリでは、既に動画機能は「標準装備」です。
画素数や処理速度などの違いで今までは”おまけ”だったものが昨今では前面に出てきたという事でしょう。
静止画が駆逐され動画一色になることは、実は無いと思っていますが、
写真に関する考え方は大きく変わると思います。

例えば、SNSのデジイチ関連のコミュニティでは、今回のD5000のファインダーが(高価な)ペンタプリズムではなくて(安価な)ペンタミラーを採用していることを指摘(批判)している論調も見受けられますが、
サイズが大きく視認性の高い液晶モニターが採用されれば(光学)ファインダーの必要性が無くなります。

実際、現在のコンデジの殆どで(光学)ファインダーはもはやありません。
Commented by mToTm   URL at 2009/05/07(Thu) 06:09:53

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。