スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

極彩色の近傍

多摩動物公園のインコ


使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSM

エントリ情報

トラックバック

コメント

確かに鮮やかですね、顔なんてもう
ピエロですね(≧∇≦)ブハハハ!
だけど鳥は鮮やかなのが結構いますよね。
Commented by こーちゃん   URL at 2009/04/03(Fri) 06:10:26

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Commented by   URL at 2009/04/03(Fri) 12:11:23

おーーー!確かにすごい色!
なんだか圧倒されちゃいますね。

あらためて見るとなんでこういう色なんだろうって思います。
Commented by いち   URL   編集[pk9L1LqA] at 2009/04/03(Fri) 21:54:31

こんにちは!!
このインコの色には驚かされました。
動物の体からこの色が出ることにビックリです。
こんなに派手な色してて、自然では外敵に襲われにくいのですかねぇ?
Commented by でひでひ   URL at 2009/04/04(Sat) 13:33:13

こーちゃんさん、こんにちは!!

このインコが本来どこに生息しているのか知らないのですが、
例えば熱帯雨林などで暮らす場合は、同じ仲間と出会うために派手で特徴的な外観を持っている・・・という種類もいるそうです。
あんな色が自然の生き物で・・・って思うと、やっぱり自然は凄いって思いますね♪


鍵コメさん、こんにちは!!

はじめまして!! コメントありがとうございます!!
本当に仰るとおりですよね♪
これからも是非遊びに来てくださいね(^。^)


いちさん、こんにちは!!

なんでこんなに鮮やかで派手なんでしょうねぇ(^^)
こういう鳥を美しいと感じる感性も含めて、人間の美意識も自然の賜物なんだなあって思います。。。


でひでひさん、こんにちは!!

オフ会のときも仰ってましたよね♪
本当に自然って不思議です!!
確かに外的からまるわかりですよね、、、ただ、熱帯雨林に住む動物のなかには、派手で特徴的な外観によって、同じ種類の仲間と出会いやすくする・・・という効果があるそうです。
あまりに種が多すぎる熱帯雨林では、そうでもしないと種としての純血を保てないから・・・という事らしいです。。。
・・・ああ、ナルホドって思いますが、あくまで人間側から見た解釈に過ぎないので、、、実際はどうなんでしょうか(^^;)
Commented by mToTm   URL   編集[HfMzn2gY] at 2009/04/05(Sun) 10:39:20

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。