スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

喧騒は静寂を内包する

喧騒は静寂を内包する
静寂の瞬間を切り取るだけで、すべてが静寂のセカイのように錯覚する。


喧騒を離れた路地裏で老人が一人。。。
・・・というのはウソです。

ここは新宿アルタ前から歌舞伎町に続く道、常に沢山の人々が往来する場所です、もちろん、この日もこの道には本当に沢山の人々が往来していました。
そんな喧騒の中にいる一人の老人に目が止まり、シャッターを構えるが、往来の人々が途切れることは無くなかなか撮る事ができませんでした。

スナップ写真は瞬間が勝負、内心、”ああ、撮れないなあ、きっと”っと思っていたら、
沢山の往来の中でふと人が途切れた瞬間がありました。

シャッターを切った次の瞬間、もうその静寂は目の前から無くなっていました。

静寂の瞬間を切り取るだけで、すべてが静寂のセカイのように錯覚する。

写真がまたヒトツ嘘をついた。
そして、写真がまたヒトツ真実を語った。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

トラックバック

コメント

人通りが多いときには、
撮影するために、息を止めて待つのですが、
途切れないときには死にそうになります(汗
Commented by koneko   URL   編集[2sQQXnjA] at 2009/03/09(Mon) 21:17:51

konekoさん、こんばんは。

>途切れないときには死にそうになります(汗
ああ、わかります♪
私も、シャッターを切るときは息を止めてるかも(^^;;)
Commented by mToTm   URL at 2009/03/09(Mon) 22:36:17

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。