スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

ヤッターワン in Shibuya



なんと渋谷にヤッターワンが!!
実物大って、こんな大きさなんだぁ・・・

周りにいた人々はこぞって携帯で写真を撮っていました、もちろん私も(^_^;)
今週末、劇場版ヤッターマンの公開に先駆けての登場らしい。
・・・となると、そんなに長い期間ここには居なさそうだ・・・。。。

ヤッターマンは子供の頃に再放送を観た記憶がある。

子供向けアニメの外観を装いながら、ただひたすらに敗者の美学を追求するスタイルは、タイムボカンシリーズを通して貫かれた哲学と呼ぶに相応しいものである。

幼き日の私はそんな彼らから多くのことを学んだ。
セクシーとは何かをドロンジョ様は教えてくれたし、ボタンは”ポチっ”と押すものだとも知った。
どんな正当な理由があろうとも、失敗をすればキツイ”お仕置き”からは逃れられないことも。
そして、どんなにヤラレてもヤラレても決してドクロストーンをあきらめない不屈の精神を。

だが、彼らが本当に伝えたかったことは、もっと違うことだ。

21世紀の混沌の中にいると、ドロンボー一味の行為など”悪”と呼ぶにはいささか牧歌的すぎる。
確かにインチキ商売は立派な詐欺罪だが、あれだけのロボットで暴れていたにもかかわらず社会や人身に与えたダメージは驚くほどに小さい。
今にして思えば、彼らがドクロストーンを手にしたところで、地球の平和に微塵の陰りも及ぼさないに違いないし、そんな彼らを徹底的に追跡し、完膚なきまでに打ちのめすヤッターマンは正義の味方では断じてない。

勧善懲悪のストーリーフォーマットにも関わらず、その物語からにじみ出る悪党達への同情と愛情の深さ、それに対して正義の味方に向ける眼差しのなんと冷ややかなことか。
その証拠に、ドロンボー一味がドロンジョ・トンズラ・ボヤッキーであることを皆が知っている反面、ヤッターマンの二人の名前を覚えている人がどれほどいるだろうか?

正義の味方がそれほどまでに存在感が希薄なのは、とりもなおさず、”正義”なるものが実は希薄で脆弱だからではないだろうか?


正義の敵は”悪”ではない、”別の正義”だ。


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

トラックバック

コメント

いつもながら鋭い切り口ですね。
確かにあの一味は完全な悪ではないかも
しれませんね~。
ヤッターマンの魅力は、毎週繰り出される
ビックリドッキリメカとドロンジョのセクシーショットに尽きると思います_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!
Commented by こーちゃん   URL at 2009/03/04(Wed) 05:51:09

こんにちわ~
ヤッターマンはTVでも見たことがないんですよね~。世代ですかね。
でも掛け声は知ってますよ^^ ヤッターヤッターヤッターマン♪
ですよね? 今回の映画は随分とお金もかけて、実写化されたようで
宣伝にも力が入ってますよね♪ 個人的にはドロンジョのみに目が
いっちゃいますけど(笑) アニメでも同じだったんですね^^
Commented by Tane Mahuta   URL at 2009/03/04(Wed) 11:28:36

mToTmさんの視点って、凄いっ。
って今日の日記を読んで思いました!
確かにそうなのかもしれない・・・。
なんだか妙に納得というか、共感しちゃいました。

>ドロンボー一味がドロンジョ・トンズラ・ボヤッキーであることを皆が知っている反面、ヤッターマンの二人の名前を覚えている人がどれほどいるだろうか?

これって、ほんとにそうですよね。
タイムボカンシリーズは、
子供の頃あんなに大好きなだったのに、
主人公の名前を思い出せませんでした。
ドロンジョ・トンズラ・ボヤッキーは覚えてるのに・・・。

それにしてもヤッターワン、意外と小さいように思いました(^^;
Commented by piro   URL   編集[Pe0og0Jg] at 2009/03/04(Wed) 14:13:10

始めまして。
私のブログの足跡?からやってきました!
たまたまこの日、珍しく渋谷に行きましたが、ヤッターワンには気が付きませんでした・・・。残念です。
渋谷は天気もよく、カメラを提げた羨ましい人がいっぱいで、仕事でうろうろしてる自分に寂しくなりました(笑)
また、ちょくちょく寄らせて下さい。

Commented by yackymouse   URL   編集[Ky..B/gI] at 2009/03/04(Wed) 18:10:13

こーちゃんさん、こんばんは。

悪(あく)ではなくて、悪(わる)といったニュアンスなのかなあ?
ドロンジョ以降、"セクシー"というものが何となく変わったように思います(^^;)


Tane Mahutaさん、こんばんは。

ああ、世代です、きっと(汗)
今回の映画はなんだかんだ言われても個人的にはとても気になりますし、観にいくつもりです!!
ヤッターマン2号アイちゃん役の福田沙紀も十分カワイイのですが、
今回は深田恭子が話題を全部持っていった感じがします。
万が一、これがアカデミー賞にノミネートされたとして(笑)、深田恭子が受賞する可能性があるのは"助演"女優賞、
どう考えても"主演"級ですよね(^^;)


piroさん、こんばんは。

共感していただけて、とても嬉しいです!!
タイムボカンシリーズは悪役が主役を完全に食ってしまっています。
実は、子供向けアニメにおいては極めて珍しいんですよ♪

>それにしてもヤッターワン、意外と小さいように思いました(^^;
そうそう、piroさん以外でも同じ感想を持ってる方がいました。
子供心にはヤッターワンが大きく感じたかもしれませんが、ガンちゃんとアイちゃんが両脇に掴まって乗るので、実はそんなに巨大ではないのです。。。
あと、ヤッターキングと混同されてるかもしれませんね(^。^)


yackymouseさん、はじめまして。

コメント、ありがとうございます。
私もたまたま前を通ったので気が付いた次第です。
本当に偶然でした♪
これからも、是非ブログに遊びに来ていただけると嬉しいです!!

Commented by mToTm   URL at 2009/03/05(Thu) 21:03:00

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。