スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

向こう側

ピンクのボディにパステルカラーのパラソルをたたえたボートが向こう側の桟橋に係留されていた。
整然と並ぶボートにコケティッシュな魅力すら感じられた。
向こう側の世界に憧れることで、こちら側にいる自分を再確認する。。。

桟橋に係留されているボート。向こう側の世界…。
桟橋に係留されているボート。向こう側の世界…。


普通のレンズで撮ったら、きっと異なる印象を持つのだろう…。
朦朧(もうろう)としている事で明瞭になる世界がある、安易な明快を真とする思想を強烈に揺さぶる。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:手作りピンホールレンズ(Nikon BF-1Aベース)
※画像のEXIF情報では、焦点距離とF値が実際と異なります。

エントリ情報

トラックバック

コメント

ピンホール、オモローですね♪
パラソルによってピントも異なっている感じが楽しいです。
あたたかいジューシーな写真になりますね。
Commented by machine01   URL at 2008/05/22(Thu) 23:15:39

machine01さん、こんにちは。

オモロー!! ですね♪ ピンホールって(^。^)
あ、確かにパラソル毎にピントが違うように見えますね、
色に対するカメラの反応もピンホールの場合は独特なのかもしれません。
普通のレンズとの違いがあって、試行錯誤でいろいろとやってみたいと思います。
Commented by mToTm   URL at 2008/05/24(Sat) 12:44:14

淡い色彩が綺麗です。
風景と色味がマッチしているというか。
単純に好きですね。
Commented by KAzoo   URL at 2008/06/03(Tue) 13:03:46

KAzooさん、こんばんは。

ピンホール写真だと、色彩も独特の傾向になるように思います。
写真を好きと仰っていただけて、嬉しいです!!
Commented by mToTm   URL at 2008/06/09(Mon) 02:13:47

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。