スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

表参道、よもやま、よもやま

こういう写真を改めて見ると、春の気配を日の光から感じてしまうものです。
彼女達は、目的の場所を見つけることができたのでしょうか?

080229DSC_1469.jpg
ターゲット、ロック、オン!!


原宿という街は、表参道から一本路地裏に入ると、まるで迷路のように細い道が入り組んでいます。
若者からの人気も高く、商業価値が非常に高いエリアなので、最寄り駅から結構遠い場所にまで沢山の店舗があります。
しかし、それは裏を返せば、決して便利な街ではないとも言える訳です。
利便性で言えば、駅ビルや駅の近傍に、求める店舗が全て揃った方が良いはずだからです。

魅力的な街が必ずしも便利な街とは限らない、、、理屈じゃないんです。
理屈じゃないものを、構図だの露出だのと、理屈で撮っている…。
そこまでして撮っておきながら、最後は見る者の感性に委ねてしまうのだ。

写真という行為は、本当に摩訶不思議としか言いようがない。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

トラックバック

コメント

写真、摩訶不思議ですよね・・・
オイラは自分的に「素人感」という「感覚」を忘れないように、といつも思ってます。
でも知識が増えていくにつれ、テクニックを駆使したくなるんですよね。
最終的にはお互いの感覚のバランスかな?とは思いますが・・・

Commented by machine01   URL at 2008/02/29(Fri) 23:46:42

なんだか微笑ましいですね。(ΦωΦ)ふっふっふ
これからの季節、地方から東京の大学に出てきた若いコたちが、
こんなふうに初々しく都会を歩くのでしょうね~。
と、生粋の田舎育ちの僕が言ってみたりして。(・∀・;)
Commented by Moto-ya   URL   編集[xcBl4GRk] at 2008/03/01(Sat) 01:29:08

そうそう写真って理屈なんですが、
最初のひっかかりは感性なんですよね。
感じた事をいかにそのまま写真として表せるか、
という事なのかなぁと思います。
理屈を全く意識せずに撮れる時がたまにあるのですけど、
そういう時は気持ちがいいです。
不便さの魅力。。。
MFカメラをつい使ってしまうのも
その辺に理由がありそうな気がします。
Commented by ヒツジ草   URL   編集[nKD1BgzM] at 2008/03/01(Sat) 08:43:13

光と影が演出するって写真、とても好きですね♪
なんとも言えない、味があります^^

原宿、表参道は、自分も時々撮りに行くんですよ。
買い物はしたことありませんが、街並みは何度も撮りました~~~
行く度に、店が変わっていて面白かったりします^^
Commented by blue arrow   URL   編集[MDo56pwE] at 2008/03/01(Sat) 16:29:20

良いお写真ですね。
会話が聞こえてきそうです。

写真って、本当不思議ですよね。
理屈もあるけど、感性にも頼る・・・
今日の記事に共感しちゃいますよ~
Commented by rail   URL at 2008/03/01(Sat) 20:28:46

こんばんは。

若い女の子の後ろ姿に、
若い頃の自分を思い出したりして^^;
超田舎から、大都会にでてきたときは、
地図を見て確認して移動してましたよ。
でも、方向オンチで、結局お友達に引率してもらってました(笑)
Commented by きょう   URL   編集[PVNQBMzQ] at 2008/03/02(Sun) 01:07:01

なかなか奥の深い写真とキャプションで・・・
この子達も段々と都会になれていくんだろうけど、個性は見失わないで欲しいですね。
写真もしかり、自分らしさが無くならないようにしないと(⌒^⌒)b うん
Commented by こーちゃん   URL at 2008/03/02(Sun) 06:19:30

machine01さん、おはようございます。

「素人感」…私も常々意識している概念の一つです。
知識の増加に伴って、テクニックに埋没してしまうのは、写真の世界に限った事ではないような気がします。
知識や技術は手段であって、目的ではありません。
手段の目的化は、悪しき洗練の一つの具体例。
「素人感」というのは、もしかしたら、「他者の視点」と置き換えることも出来るのかもしれません。
常に他者の視点を意識する事は、難しい作業ですが、忘れてはいけない感覚だと思います。


Moto-yaさん、おはようございます。

何気ない一瞬だったのですが、なんとも"いいなあ"と感じた一瞬でもありました。
初々しさは、我々(笑)にはすっかり無くなってしまったモノですからね…( ̄∇ ̄;)


ヒツジ草さん、おはようございます。

最初の引っかかりは感性ですね。確かに。
感性は云わば入力装置であり、センサーです。
入力装置が良くなければ、決して良い出力が得られません。

不便さの魅力…それもある意味洗練です。
便利さの理由…その便利は何の為に必要か?そんな発想をしてみると、モノゴトがより広い視点で捉えることが出来るようになるかな。
…そんな風に私は思います。


blue arrowさん、おはようございます。

写真、お褒め下さって、ありがとうございます。
原宿は、私が欲しいものが売ってないのですが、私が撮りたいものは、そこらじゅうに存在します。
魅力のある街はえてして新陳代謝が活発です。
それは言い換えれば、商売する側にとって厳しい環境とも言えるのですが、お客さんにしてみれば、やっぱり嬉しい事です。
そんな中に、古くからあるお店がある…そんな光景がやっぱり魅力的だなあって思いますね♪


railさん、おはようございます。

写真、お褒め下さって嬉しいです!!!
今回の記事に共感していただけて、重ねて嬉しいです。。。
写真の場合は、撮る方にも感性が必要ですが、観る方にも感性を要求します。


きょうさん、おはようございます。

地図を見て、自分の位置関係が完全に理解できたのならば、既に半分はその街のことを理解できているのかもしれませんね。
あと、女性って、なぜか地図を読むのが苦手だったりしますよね? (^_^)b


こーちゃんさん、おはようございます。

奥が深いように…見せかけてるんです( ̄∇ ̄;;)ニャー!!
個性…なかなか置くが深い概念です。
かの有名な養老孟司さんは、個性とは身体であって、言葉や感性などは没個性なのだ…と著作で書かれています。
確かに、純然と"言葉"や"感性"がユニーク(個人的)だとすると、お互いがそれらの概念を共有する事が出来なくなります。
方や日本語、方やスワヒリ語ではお互いの主張が理解できないだろうし…。
とはいっても、オリジナリティがなくなってしまうと、それはとてもつまらない事です。
私の場合、オリジナリティって何だろう?って考えると…否応無く自分の中からにじみ出てくる何か…かなあと思います。
Commented by mToTm   URL at 2008/03/02(Sun) 07:23:29

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。