スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

真っ白な光、真っ黒な影、そしてその中間

071107DSCN0334.jpg
ほんのわずかな波長しか人は見ることができない。


可視光線(かしこうせん)とは、電磁波のうち、人間の目で見える波長のもの。いわゆる光のこと。JIS Z8120の定義によれば、可視光線に相当する電磁波の波長は、おおよそ短波長側が360 nm?400 nm、長波長側が760 nm?830 nmである。逆に、可視光線の外に位置する赤外線と紫外線を指して、不可視光線(ふかしこうせん)と呼ぶ場合もある。
※ウィキペディア:"可視光線"より引用。

人はほんのわずかの波長しか見ることができないのだ。
しかし日常において、我々はありとあらゆるものを見ていると錯覚する。
そして見えないものがあまりにも多い事を知らない。

"無知"は"罪"である。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

トラックバック

コメント

深いですね~。
目に見えるものだけを見て、解ったつもりになっているのかなぁ。。
謙虚にならないといけませんよね。。
Commented by ヒツジ草   URL   編集[nKD1BgzM] at 2007/11/07(Wed) 23:16:17

ソニーαのDレンジオプティマイザー機能ってありますが、
あれって一体どうやってるのかまだよくわかってないみけです。
雑誌の記事だったかな?α-700で上の機能を使って夕陽を撮ると、
黒く潰れるはずの雲の下の山の暗い部分の階調が出てくれて良い、
みたいな記述がありましたが、一回のシャッターで露光量は決まっている
はずだし、後処理でただ暗部を引き上げてるだけなんですかね。

人間の目は明るい場所でも暗い場所でもそれに合わせて露出が
自動で調節されますが、カメラも将来的にはそれが一度の撮影の中で行われ、
明るい部分から暗い部分までまんべんなく写せる、なんて事ができるようになるのかも。
それはそれでツマラナイような気もしないでもないですが…。
Commented by みけ   URL   編集[pY.z5wAw] at 2007/11/07(Wed) 23:21:19

懐かしい光景、昔、こんなアパートに住んでました。名前も○○荘、今は取り壊されて駐車場になってます。急ピッチで更新していますね。
Commented by nanbuya   URL at 2007/11/08(Thu) 18:02:25

はじめまして。
履歴からまいりました。

無知は罪である。。。
このひと言にもいい刺激をいただいてます。
さっそくですけど、リンクいただいてもいいですか?
時々寄せていただきたいので。
Commented by あまぞんりりー   URL   編集[K.8lH0lM] at 2007/11/08(Thu) 18:27:42

ヒツジ草さん、こんばんは。

謙虚さがこれからの時代に重要なキーワードのような気がします。
知らない事を自覚する事から始まるような気がします。
私のブログ、ときどきこういう深そうな事も書きますのでよろしくお願いします(笑)
…本当に深いかどうかは…わかりませんが(^□^;)


みけさん、こんばんは。

Dレンジオプティマイザー機能について、ちょっと調べてみました。
どうやら後処理で暗部や明部を調整するみたいです。
露出モードがM(マニュアル)の場合やマルチパターン測光以外の測光モード、また、RAW撮りではこの機能が使えないみたいです。
想像するに、マルチパターン測光で測光した露出値を基準値として、それに対して各ピクセルの明暗や色彩を調整するのではないでしょうか。
Dレンジオプティマイザー機能・アドバンスモードでは0.5秒の処理時間がかかるそうなので、きっと後処理でしょうね。

暗部や明部の調整のアルゴリズムがこの機能の"売り"なのでしょう。
※Dレンジオプティマイザー機能・アドバンスモードにはアピカル社の技術を使用しています。
ってなってますし。。。
http://www.sony.jp/products/Consumer/dslr/products/body/DSLR-A100/feat02.html#feat02_03
http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/07/04/alpha100/002.html
http://www.apical-imaging.com/

ニコンのDライティング機能と同質の機能みたいですね。。。

明部と暗部が調整されるということは、写真内の明暗の振れ幅が縮まることでもあり、階調感が保持されるかも知れませんが、逆に"のっぺり"した絵になるということでもあります。
HDRI(high dynamic range image、ハイ・ダイナミック・レンジ・イメージ)とかがそのイメージに近いのかもしれません。
こういうのって、"絵作り"の一種と割り切って考えるのがいいのかなあ。。。


nanbuyaさん、こんばんは。

時代を感じさせる建物でした。
東京は一つのエリアの中に新しいものと古いものがモザイク状に混じってるのが街の魅力だと思います。
しかし、再開発で古い風景がどんどん新しいものに入れ替わっていきます。。。
先日、写真を撮ったので、記事のアップが進んでます。
写欲も徐々にですが沸いてきました。(^∇^)


あまぞんりりーさん、はじめまして。

…と言いつつも、こーちゃんさんのブログでお名前は存じておりました。
無知は罪である…しかし人は全知全能にはなれません。
それゆえに人は罪深い存在なのかもしれませんね。。。
リンク、OKです。
コチラからもリンクさせていただきますね。。。(^。^)
Commented by mToTm   URL at 2007/11/08(Thu) 23:51:38

コメントの投稿

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する 
パスワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。