スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

テレビ

テレビ
テレビ


皆さんご存知だとは思いますが、2011年7月24日に現在放送されているアナログテレビ放送が終了して、地上デジタル放送に完全移行するそうです…約2年半後ですね…。

2年半なんて、きっとあっという間です♪

昔、チャンネルは"まわす"もので、テレビのある場所は"お茶の間"でした。。。
今でもテレビ番組では、"お茶の間の皆さん"なんて言いますが、
とっくの昔にテレビはどこにでも存在するようになったし、
とっくの昔にテレビは一人で観るものになりました。

世界は変わった。文脈を変えられるか?
テレビ批判ではありません、私のブログの話です。。。(^_^;)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

今日もどこかで…

今日もどこかで…
いつかどこかで…


人の世に愛がある…

人の世に夢がある…




使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

日常的な、平凡な、そしてとても東京的な…

東京の魅力は、圧倒的に都会的で非日常的な空間でありながら、
至る所に日常の世界が垣間見られる事なのかもしれません。

とても平凡である。。。
とても平凡である。。。


谷根千エリアのような家と家とが密集しているエリアでは、散策する中でとても強烈な日常性が垣間見られる事があります。

以前、"垣間見る"目線について書いたことがありますが、私にとって"垣間見る"というのは特別な感じがします。

日常性に満ち溢れたこの路地裏の光景は、しかしよく考えてみると日本全国津々浦々に満ち溢れている日常ではないような気がするのです。
例えば私が幼少を過ごした所は、当時は新興住宅地であって、それこそ日本全国津々浦々の新興住宅地がそうであったように、家と家との間隔が広い程、土地と土地とが整然と区画されている程に、その境界から濃密な日常が漏れ出していくような、今思えばそんな世界でした。

渋谷や新宿、六本木、銀座、新橋、秋葉原、丸の内…そのどれもが圧倒的に都会的で先鋭的で、極めて東京的なのですが、今日の写真から滲み出る平凡で"日常みたいなもの"も、私にとってはとても東京的なんです。

"リアル"である事と"リアリティ"がある事が異なるように、
"日常"である事と"日常的"である事もまた、異なる概念なのかもしれません。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

mToTmは階段が好きだな、きっと

アパートの階段
アパートの階段


アパートの階段って何故か撮りたくなります。
どうして撮りたくなるのか、自分でもサッパリわかりません。(^^;)

段差が大きくて、まるで梯子みたいで、上ったら、きっとギシッギシッって音が鳴りそうな…。
どうして撮りたくなるんだろう?…やっぱりわかりません。(^^;)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

写真は撮るのもいいけど、観ると尚良い。。。

りんごや
グループ展があった、りんごやです。


先週の話になってしまうのですが、マイミクのla-quさんが写真のグループ展を開かれるという事で、同じくマイミクのそめちんさんとご一緒に行ってきました。。。

場所は谷中の谷中のりんごやさん、喫茶兼ギャラリーという感じのコンパクトなお店、雰囲気も谷根千エリア独特の雰囲気にマッチしていていい感じ。。。
コンパクトではあるのですが、結構な点数のお写真を展示することが可能で、ギャラリーとしてもとてもいいなあと思いました。

グループ展ということで、色々な方々のお写真がありました、どのお写真もとても丁寧に撮影・現像されている印象で、ああ、質のいいプリントとはこれほどまでに素晴らしいのか・・・と感心しきり。
それぞれに写真自体のテーマに違いが感じられるものの、銀塩モノクロプリントで統一されている・・・そして、絵としてとてもオーソドックスであることが影響してか、全体としてとても統一感があるなあと思いました。
※グループ展の場合は、全体の統一感を出すのが非常に難しいですよね。。。

ギャラリーに展示されているお写真とは別に、la-quさんのブックを拝見しました。
お写真は、、、50枚程はあったと思います。
la-quさんはとても緻密で繊細な、絵画的なお写真を撮られる方で、今までミクシィの画面でしかお写真を拝見したことが無かったので、今回、紙のプリントのお写真が拝見できて本当に良かったなあと。。。
写真は紙にプリントしないとなあ・・・とも感じました。。。

写真展自体も、とても沢山の方々がご来場されているようで、しかも写真に対してコダワリのある方々ばかり、きっと私は場違いだったなぁ(^^;)
la-quさんからお写真に関する色々なお話も伺えたのも収穫ですね、私にとって。

その後はギャラリーを後にして、そめちんさんと二人で、矢根千エリア→上野公園→御徒町界隈→秋葉原・・・と歩きながらのスナップ写真を撮りました。。。

D200にマニュアルレンズでスナップ写真をガッツリ撮ったのは、相当久しぶり、矢根千エリア自体も久しぶりに足を運んだので、色々な意味で新鮮でした。

…で、撮れた写真は…ブレボケ写真の連発でした…が、実は今回出かける前に何となくそういう写真を撮るだろうなあという予感がありました。
わざとブレボケを狙ったわけではなく、だからといって逆にピントや設定等の失敗でブレボケになったわけでもないのです。。。
以前に、コンデジでスナップを撮ったときにも同様な写真が撮れたことがあったのが、今回の”予感”の根拠であります。

じっと被写体を捉えて、アングル等をきちっと決めて、ピントをきちっと合わせて撮る・・・ということが今はできない・・・というか、したくない。
何故そうしたくないのか、自分でもよくわからないですが、まあ、そんな時もあるさ・・・ってな感じで、
あまり自分を制御せずに撮りました。

そんな私でも、他の方々のお写真を拝見すると、特にプリントされたお写真を拝見すると、今の自分の写真が居る位置・座標というのが定まる感じがするので、色々な面で自分にプラスになるなあと実感できます。

最後は秋葉原の居酒屋でそめちんさんと、酒と肴と写真談義でした(笑)
そめちんさんがプリントされたお写真も拝見できて、これまたとても印象的でした、具体的には説明しにくいのですが、la-quさんとそめちんさんのお写真はある意味対極的なんです。
それぞれ、かなりのプリント力と写真力があるのですが、あまりに異なるお写真を撮られるんですよね。。。

今回は、"写真は撮るのもいいけど、観ると尚良い。。。"というお話でした・・・。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

渋谷モノクローム

白黒はっきりさせない
白黒はっきりさせない


一昨日、mixiで仲良くさせていただいているlaquさんの写真展に行ってきました♪
上質の銀塩モノクロのプリントを色々と拝見できて…
※今日の記事は後で追記します。。。
続きは以下のURLに記載しました。

http://mtotm.blog66.fc2.com/blog-entry-601.html

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

遊び心

大人であるほど、遊び心がとても大切(笑)

ヘルメット着用義務!?
ヘルメット着用義務!?


最近、ブログ訪問もコメントもできていない・・・。
しかしまあ、なんとなくですが、"ブログ"に対する関わり方が変わったような気がします。
それも、私だけでなく、ブログやネットに関わるマクロな流れとして変化しているような気がします。

ブログを始めてみて、今まででは考えられなかったネットワークの広がりを実感し、ブログの威力を思い知ったmToTmですが、この一年ぐらい、ブログの本来持っていたコミュニケーション力、ネットワーク力みたいなものが、あんまり感じられなくなったような気がします。。。

ブログを否定するわけではないですが、"ブログ"というムーブメントというかトレンドが、隆盛期から成熟期を迎え、衰退期のフェーズに移行しているのを感じます。
※SNSについても同様の"におい"が感じられますね。。。

更新頻度が落ちたmToTm's blogではありますが、それでも長く続けて行きたいと思ってます。
そういう意味では、悲観はしていませんし不安でもありませんが、自分なりに"総括"する必要はありそうです。

"繋がること"
"自分の言葉で語ること"
そして、
"遊び心"

…とりあえず今、頭に浮かぶキーワードはこれぐらいですね。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM

エントリ情報

コメント

Door...

扉は開かれている…
扉は開かれている…


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

自転車少女

颯爽と街を走り抜ける素敵少女!!


どちらに長いか…それが問題だ…!!
見る人によって、写真から感じ取るものは違うものですが、
時に同じ人でもタイミングによって、まるで違う写真に感じることだってあるかもしれません(笑)

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

Walk...and understand...

わかりにくい写真
わかりにくい写真


写真を観ていただいて、どのように感じるかは観ていただく方の自由ですが、だからといって、わかりにくい写真はブログに載せないようにしたいと意識していたmToTmですが、今回はわかりにくい写真です。スミマセン。。。

今、ブログの記事を書きながら、ニュース番組をいくつか変えながら(我ながら、器用ですね^^;)してますが、明日が大統領選挙ということで、各番組ともアメリカにメインキャスター人を送って現地状況のレポートをしてましたが、どれもオバマ氏の拠点でした、、、あれ?、もうオバマに決定なんでしょうか???

最新支持率や専門家の諸所意見等で、なんとなく、オバマ当確の見込みもあってなのでしょうが、露骨すぎるなあと感じるのは私だけでしょうか?
まあ、それはある意味とても「わかりやすい」、アメリカの国内情勢や政治情勢を全く知らなくても、ここ数日のテレビ報道を観れば、ああ、オバマが当選するんだ・・・って思えるようになってる気がします。

話はガラリと変わりますが、プロゴルファーの石川遼がプロ転向後初のツアー優勝をしたそうです、、、が、それ以前の彼の試合において、彼の試合状況の諸所諸々をビデオ映像と共に伝えていたのでてっきり彼が優勝したのかと思えばそうではないらしい(確か10位にもはいってなかったはず)。。。
"優勝したのは誰だろう?"って思いながら続きを観ていたら、、、なんと、優勝者を伝える事無く次の話題に行ってしまった!!

mToTmはそんなにゴルフに興味があるわけではないが、遼クンがいくら人気があるからといって、彼の事だけを伝えて、優勝者を伝えないというのはどういう了見なのだろうか?
たとえ優勝者の名前を伝えても、ゴルフに興味がない多くの人にはわからないのだろうけど、プロゴルフの世界は遼クン一人がゴルフをしているわけではない。。。

念のため、私は石川遼が嫌いではないです。若いのに頑張ってるなあとも思うが、頑張ってるプロゴルファーは彼だけではないはずだ。

たしか別の試合では、片山晋吾が優勝して永久シード(日本で7人しかいない)を獲得したときの記者会見で、ある記者が片山への賞賛や質問を早々と切り上げて、「遼クンのゴルフはいかがでしたか?」と質問をしたのだ。。。
彼は複雑な笑顔を見せながら遼クンを絶賛していたが、片山晋吾が手にした業績に対して、この記者が取った行為はあまりに失礼だ。
ゴルフとゴルファーに対する知識と敬意があれば、あんな質問はできないはずだけど・・・。

よくよく思い直せば、
大統領=オバマ
ゴルフ=石川遼
というのは、とてもとてもわかりやすい。
そのわかりやすさに、とても強い違和感を感じます。

mToTmは三十路を超えたオッサンなので、そこまでわかりやすくしなくても理解できるから、もっときちんと情報を伝えて下さい。。。
テレビは老若男女が観るものではあるけれど、ニュースは基本大人が観るものだろうし、上記の大統領選を報じた番組は23時からだから、常識ある大人が視聴する前提で報道していただけませんか?
※子どもが観てわからなかったら、周りの大人が教えてあげてください。

ああ、また毒を吐いたかも・・・(´。`)

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。