スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

A terrible night!!

疲れた…
疲れた…


今夜、雷雨にみまわれて…(T∇T濡)
しかも、自転車に乗っていて、不覚にもコケました…(TムT痛) ← いい歳した大人がコケた…(恥)
⇒痛い上にずぶ濡れに!! (T∇T怒)

もう寝ますっ!!!

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
使用三脚:Velbon Mountain Chaser ?
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

花火後横浜乃光景的mToTm的遅延的発光写真

前回の写真について、撮り方に興味を持たれた方々が多かったので、
今回も同じ手法で撮った写真をアップしますっ!! (^∇^)b

カジュアルなカメラというのはきっと携帯デジカメだなぁ。
携帯カメラで飛鳥?を撮った(と思われる)女性、カジュアルなカメラというのはきっと携帯デジカメだなぁ。


前回の写真と今回の写真、それぞれ、スローシンクロという手法で撮影しています。
暗い場所ではフラッシュを焚く…カメラの知識が無い方でもそれぐらいは常識…と言いたいのですが、実はフラッシュを焚くだけでは今回のような写真を撮ることができません。。。

遠景に写ってる客船(飛鳥?)までは直線距離で約50?100m、先日の写真に写ってるランドマークタワーや観覧車に至っては数百mはあるでしょう、とてもじゃないですがフラッシュの光では光量が足りません。。。

なので、フラッシュを焚いて、更に10秒?30秒ほどシャッターを開いて撮影しました。
…これをスローシンクロといって、夜間撮影でとても重宝する撮影方法です。

「え?普通のフラッシュ撮影と何が違うの?」っと仰る方もきっといらっしゃるでしょう。。。
わかりやすいブログがモットーのmToTm's blog、 ←そういう事にしておいて下さいっ(汗)
「これがスローシンクロだっ!!」編(?)をどうぞ…(笑)

※全部、絞り優先モードで撮影しています。

080727_DSC2953.jpg
フラッシュなしで撮影、遠景のモニタの光に合わせて露出されている為、カエル君が真っ暗で写ってません。。。

080727_DSC2954.jpg
通常のフラッシュ撮影。カエル君に当たった光をベースに露出されたので、遠景が真っ暗!!
世間一般の方々が暗いところでフラッシュを焚いて撮った写真は、きっと、こんな感じに写ってるはずです。
夜景をバックに記念写真…みたいな写真って、たいていこんな感じですよね♪

080727_DSC2955.jpg
こちらがスローシンクロで撮影した写真。
遠景もカエル君もバッチリ写ってます
これぐらいのスローシンクロが撮れるようになると、なにかと重宝しますよ♪

ちなみに、スローシンクロ撮影では、三脚は必須です!!

このスローシンクロ機能、デジタル一眼レフでは必ずと言っていい程どの機種にも搭載されています。
また、コンパクトデジカメでもほとんどの機種で搭載されていると思います。
コンデジの場合、「夜景モード」みたいな名称になっているかもしれません。

今回のスローシンクロ機能、ほとんどのデジカメに搭載されているのに、きっとほとんど使われていない典型的な"ビールな機能"ともいえそうですね。。。

追記:
今回の写真について、「多重露光?」って思われた方もいらっしゃったようです。
確かに多重露光は今回に関しては"正解"ではないのですが、実は写真的観点から考えると、"違う"とも言い切れなかったりします。。。
と言うのも、どちらも、一枚の写真の中に異なる複数の時間経過が写ってるからです。。。

例えば、カエル君の写真の場合、手前のカエル君はフラッシュを受けた"一瞬の像"であり、遠景のモニタは長時間露光による"数秒間の光が蓄積した像"という、それぞれが異なる時間経過を持っています。
複数の時間経過を持っているというと、まるで動画のようですが、見方によっては絵画的とも言えそうです。
そう考えると、スローシンクロの世界は思いの外、深そうだ…。。。

※今回の写真は全部、以下の機材で撮影しました。m(^_^)m
使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
使用三脚:Velbon Mountain Chaser ?

エントリ情報

コメント

ヨコハマの夜は寄り添うLOVE!! (それは祭りの後、瞬間のつながり)

花火が終わると、人々は一斉に家路を目指した…。

夜空に大輪の花、浴衣's coupleはLoveを共有する。。。
夜空に大輪の花、浴衣's coupleはLoveを共有する。。。


例年、花火の会場では浴衣姿の人々を沢山みかける。
それはとても夏らしい風景である、そして、思いのほか若い人々の方が浴衣を着ている…そんな印象だ。
もちろん、浴衣は彼ら彼女らにとって非日常の装いに違いない、身の捌き、足の運び、そんな身の所作が浴衣に不釣合いなのさえ初々しい。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
使用三脚:Velbon Mountain Chaser ?

エントリ情報

コメント

ハマの花火は…(夏の夜の夢?)、炸裂する閃光と轟音が大観衆の心をギュッとつかんでしまったのさ♪

花火だぁ!!!

エントリ情報

コメント

自転車もひっくり返る・・・。

向きがとても重要な場合があります(^◇^;)

ひっくり返る程の暑さ…ということでしょう、きっと
ひっくり返る程の暑さ…ということでしょう、きっと


あと2週間程で8月です、巷では夏休みですね、
夏休みの宿題、なかなか計画通りに消化できないんですよね…、、、ああ、人生の宿題も消化できていない・・・( ̄∇ ̄;)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

準備中的横浜

20080720173109
速報:

現在準備中です(^.^)
横浜は大桟橋、かなり人の数も多くなりました。

エントリ情報

コメント

ユルイのだ!!

あまりの暑さに力が抜ける…(笑)

脱力系癒し強制人形(笑)
脱力系癒し強制人形(笑)


地味な話ですが、FC2の環境設定で、画像を貼り付けるときに、今までは強制的にリンク(Aタグ)が張られる仕様だったのですが、リンクの有無を設定できるようになりました。

ブログ開始当初から考えると、徐々に画像のサイズが大きくなり、今のサイズに落ち着いてからと言うもの、画像がクリックできる必要もないなあって思っていましたし。

こういう地味な機能拡充に対応してくれることが、意外と管理者にとっての使い勝手を左右したりするわけです。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

存在意義以前に、なぜそこに存在するのかが判らないことがある。

注:本当にヤラセではありません!!

ヤラセではありません!!
ヤラセではありません!!


唐突ですが、コの字に折れ曲がった傘が道端に落ちていました。。。
他には何もありません、傘だけが1本。。。

もちろん、ここに至る経緯があったはずですが、まるで想像がつきません、
普通に使っていたら、"コの字"に曲がることってないような気がします。

モノゴトの因果って実はそんなに簡単に説明できる場合って少ないのではないでしょうか?
逆に、あまりに明快な説明が与えられた時はアヤシイかもって本能的に感じてしまいます。。。
※実際アヤシイ場合も少なくない。。。

とにかく、そんな私の困惑をよそに、その傘は厳然とそこに存在していた…

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

Thunder Attack!!!

言わずと知れた、浅草の雷門、外国人観光客も多い昨今、地球上には何万枚、いや、何十万枚の雷門の写真が存在しているはずだ。
そんな雷門の写真も、ちょっと趣向を変えてみると意外と新鮮に撮ることができるかもしれません。

雷様が大暴れ!!
雷様が大暴れ!!


自分のブログを眺めていると、コンデジで撮った写真ばかりだ。
私が愛用しているNikon COOLPIX L12は、多種多様なコンデジのカテゴリにおいて、決して高機能ではなく、シンプルな機能に絞り込んだカメラ初心者用、カジュアルユースなデジカメです。
そんなL12には、マルチ連射機能という、16枚を連続撮影して、1枚の写真に16分割で写しだされる機能があります。
実際に使ってみると、独特の操作感と個性的な写真が撮れ、これはこれで面白い。

しかし、この手の機能は初めのうちは何枚か撮るのだが、程なく使わなくなるという悲しい運命が待っているものです…(^^;)

もちろん、この機能が画期的で先進的なわけでは決してない、
使えるか使えないかと言われると、"使えない"側に近そうだ。(^。^;)
…が、"使えない"と明確に評価を下せる程にこの機能を使ってる人がどれ程いるのだろうか?

こういう機能はビールに似ていて、大人になったからと言って勇んで口にするものの、初めのうちは苦いだけの炭酸飲料でしかない。
しかし、それでも我慢して(笑)飲み続けていくことで、いつしか、その独特のノド越しや風味を"美味い"と思えるようになるものだ。

そういう若干の"習得期間"を強いるモノは世の中にはあるのだが、
デジカメの世界にも、そんな"ビールな機能"が結構いっぱいあるような気がしてならない。。。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

character...と雑感。。。

この世はゲーム的な世の中…、リセットはきかないけど…。
この世はゲーム的な世の中…、リセットはきかないけど…。


iPhone 3G、日本でもいよいよ発売されましたね。
個人的には、買い換えたい!! ・・・とは思わないのですが、やっぱり興味があります。
デザインがクールですよね、他社の携帯電話を比べると。
個人的に気になってるのは、なんでiPhoneの日本語表記が「アイフォ""ン」なんでしょ?

詳細な"iPhone論"は他のサイトやブログにまかせるとして(何せ持っていないのだから書きようがないですし)、ふと感じたのが、"ゲーム的"だなあと。。。

iPhoneの特徴として、多機能性を強調して伝えていたテレビ番組もあったが、スペック的な機能を羅列してみると、、、

・電話機能
・メール機能(絵文字が使えない。←女子には致命的に受け入れられないのではないでしょうか)
・GPS機能
・オーディオプレーヤー機能
・インターネット機能
・加速度センサー
・・・Etc・・・。

実はどれひとつ取っても、既に日本の携帯電話で実現されているものばかり、
そもそも日本の携帯電話は、世界的に見ても群を抜いて"超"多機能なのだ。
※プロダクトの多機能志向は日本人らしいなあとつくづく思います。

では何が違うのか?
それは、外観と操作性に尽きると思います。
センスの違いとしか言いようがない。

だけど、センスの根底にある"思想"を鑑みるに、Appleは、特にモバイルなモノ、ユビキタスなモノを"ゲーム的"に捉えてるように感じます。
"ファッショナブル"という表現も間違ってはいないけど、"思想"にまでは迫れていないように思います。
では、"ゲーム的"とはどういうことか、mToTm的には、以下の2つを満たすモノだと定義しておきましょう。
・クリティカルではない。
・気持ちが良い。

1つ目の定義は明確、そもそもクリティカルなモノはゲームと呼べないでしょう。
例えばiPhoneの場合、(今後のバージョンでは搭載される可能性がありつつも)今回発売されたバージョンでは、"おサイフ・ケータイ"機能は搭載されていない。

世界企業にとって、全世界同時発売を行う製品に対して、極東の一国でしか通用しない機能を搭載するマインドは持ち合わせていないとも考えられるが、
やっぱり、"おサイフ・ケータイ"はクリティカルだからかなあと思われる。
そうそう、言葉の定義からして"クリティカル"なものは本質的に"面白くない"。

2つ目の定義は、mToTmの偏見に基づいた"ゲーム"に対する解釈です。
※"ゲーム"を定義する要素としては、"ルールが明確であること。"と捉えるのが実は一般的な考え方。

今回のiPhoneでは、ほぼ全ての操作がタッチパネルで可能であり、ボタン類が全くない。
凹凸のないフォルムはボタンを排除したからこそ実現したもので見ていて気持ち良い。
そして、タッチパネルでの操作感にも独特の気持ちよさが伴う。
そしてApple製品に伴うブランドイメージも所有者の優越感をくすぐるものだ。
※もちろん、優越感は快感(=気持ちよさ)のひとつの表現だ。

さて、

"気持ち良いからタッチパネルを採用する"

ことと、

"タッチパネルを採用したから気持ちが良い"

こととは一見同じように思われるが、本質的に全く異なる命題です。
※一般的に、"AならばBである(A⇒B)"が成り立つからといって、"BならばAである(B⇒A)"が成り立つとは限らない。
ちなみに、(A⇒B)と(B⇒A)が両方成り立つ場合、"AはBの(BはAの)必要十分条件である"といい、
AとBは"同値"であるといいます。。。

…脱線しました。。。
話を戻すと、、、何度も書きますが、

"気持ち良いからタッチパネルを採用する"ことと、"タッチパネルを採用したから気持ちが良い"こととは、本質的に全く異なる命題、つまり、違う話です。

携帯電話屋さんや家電量販店、雑誌や広告などで、

"タッチパネルの採用でらくらく操作"
"おサイフ・ケータイで、これからはケータイだけでお買い物ができます"
"世界最薄○○mmでスタイリッシュなフォルム"
"充実のカラーバリエーションで、あなた好みのケータイをGET!!"
・・・Etc・・・

といってキャッチコピーは何度も目にしたことがあるのではないでしょうか。どれもお馴染み・・・というか、さしあたって違和感がないかと思われます。
…が、ここまで読んでいただけるとピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これらのキャッチコピーの全てが、


”技術的機能や製品的特性を実現する”ことで、”ユーザーの要求(欲求)を満たす”ことができる。

という文法になっています。

一見、当たり前の論理です、間違ってるとも思えません、が、本当に、常に、このアプローチ(論理構造)でユーザーの要求が満たせるのでしょうか?
具体的に言うと、
カラーバリエーションが豊富なら、私好みのケータイが必ず見つかるのでしょうか?
薄ければ、スタイリッシュなのでしょうか?

…そうじゃない!! そうじゃないんですよね。
国内の携帯メーカーを批判してるようで申し訳ないのですが・・・ m(__)m

ポケベルから始まり何度も携帯の機種変更を繰り返しもしましたが、最近の何回かについては、新しい携帯を手にしても、びっくりするぐらいワクワクしないのです。
料金体系が特殊で実感しづらいですが、本体価格も決して安い買い物ではありません。
・・・そんな値の張る物をせっかく買ったのに、ちっともワクワクできないのはなんなんだろう?
家電量販店に数多ある携帯を何度見ても、何度も何度も見ても、不思議なぐらいに欲しいと思える携帯電話にめぐり合えないのは何故だろう?
機能的には現行の機種に全く不満がないのにもかかわらずです。
あれだけ沢山あるのに、どれも同じようなモノにしか見えない、ディティールはまるで違うのに驚くほど没個性です。
どの機種も操作性は洗練の極みまで達していて、使い勝手もよいものばかりです。
※”機能性”という視点でみれば、どの機能もiPhoneより優れているかもしれません。

ずっと気になっていたのですが、今回記事にしてみて、自分の中で整理がついたような気がします。

”技術的トピックスの実現”⇒”ユーザー要求を満たす”という発想は、"ゲーム的"とは対極に位置する思想です。
思想が違えば、行き着く製品も違ってきます、そもそも解いてる命題が違うのだから。
あとは、mToTmがゲーム的なものに志向してるなあということも判りました。

ここまで書いておきながら、Apple万歳ともiPhone万歳とも思ってません、なにせiPhone予約もしてませんし(^^;)
mToTmの性根の悪さだけが露呈した…とも言えそうだ。(X∇X)

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。