スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

Viva Samba in 2007 Yokohama.(その1)

今回のヨコハマ大道芸2007(2007みなとみらい21大道芸)では、運河パーク会場にてエスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂによるサンバが公演されていました。

サンバというと、羽をつけたきれいなお姉さんのダンスが有名ですよね。
お姉さん目当て(?)なのか、カメラを持った方がたくさんいらっしゃいました。
※私もその中の一人…v(^□^;)v

陽気なリズムとともにサンバが始まりました。
羽をつけたお姉さん以外にも楽器を持った方々やドレスを着た方々、老若男女が音楽にあわせて踊っておりました。
サンバの独特のリズムに、撮ってるこちらもハイテンションになってきましたよ!!

それでは、サンバの写真をご覧あれ!!

070430_DSC5187.jpg
サンバと言えば、これでしょう。羽をつけたお姉さん、パシスタといいます。


070430_DSC5396.jpg
後ろに写ってるピンクのドレスを着た女性、グループダンス担当のアーラといいます。


070430_DSC5419.jpg
とても派手できれいな衣装ですね。


070430_DSC5344.jpg
こちらのパシスタ、外国の方ですね。


070430_DSC5307.jpg
お姉さんだけじゃありません。白いスーツで踊ってました。カッコイイです。


ゴールデンウィークが始まりましたね。
…って言うことで私は本日帰省いたします。
今回のサンバ編、1回では紹介しきれないので何回かに分けて紹介いたします。
…が、帰省してしまうとパソコンが使えない…というわけで、サンバ編の記事をタイマー投稿するように仕込んでおきます。

コメントの返答等は遅れてしまいますが記事のほうは毎日アップする予定。サンバ写真をお楽しみに!!

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

素敵なちんどんや

みなとみらい21エリアから野毛エリアに移動する途中、JR桜木町駅近くのクロスゲートにて、女性3人組のちんどんやユニット(?)、ちんどんうさぎやさんが演奏をしておりました。

古い曲から新しい曲まで、洋の東西を問わずいろいろな曲が奏でられました。
ちんどんやの奏でる曲ってとっても陽気で楽しい気分になりますよね。(^^;)

070428_DSC5977.jpg
演奏中の3人の様子。あ、ピントが甘いですね…(T_T;)


070428_DSC5999.jpg
トランペットのunnoさん。
トランペットを吹く表情って、とてもカッコイイと思います。


070428_DSC5969.jpg
ゴロスのmakiさん。重いものを腰にぶら下げて…凄いです。


070428_DSC5960.jpg
ちんどんのjunさん。ちんどんやと言えば外せない楽器ですよね。。。


070428_DSC6002.jpg
3人ご一緒の1枚。撮影のご協力、ありがとうございました。(^_^;)


070428_DSC6007.jpg
makiさんのシンバル。なんと、リリー・フランキー氏のイラスト&サイン入りです。
以前仕事でご一緒だったときに書いてもらったそうです。今となってはプレミアものではないでしょうか?
そんな価値の高いものを叩いてるmakiさんって…(笑)


GWに突入いたしました。
GW初日、皆様はいかがお過ごしになるのでしょうか?
私は…というと、映画「BABEL」を観てまいりました。

アカデミー賞でもいろんな賞を取り、前人気が高かったので楽しみにしておりました。
映画の内容についてはここでは割愛させていただくとして、感想というと…、
一言で言うならば、"お気の毒…"です。
細かい話は省略するとして、それぞれの人物達がとにかく気の毒なのです。
"あの時、あんなことをしなければ…"
"あの時、ああしておけば…"
というターニングポイントが随所にあり、不幸にも皆が最悪の選択肢を選択していくことで最終的に皆が不幸になるというお話でした。
人物の気持ちを考えながら、人物の思考を考えながら観るタイプの映画ですね。

追記するならば、映画の中での菊池凛子の行動は、最後まで理解不能でした…。(-_-;)
Gaga-UsenのPR戦術の勝利と言った所でしょうか(笑)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

エントリ情報

コメント

ジャグリング

ジャグラー(ジャグリングする人)の川原彰さんと奥田優子さん。
横浜では定期的に公演しているみたいですね。
あと、調べてみたらこの二人、映画「まだまだあぶない刑事」にも御出演されてたみたいです。

巧みな話術とジャグリングでかなりの人だかりが出来ていました。
何とか場所を確保して撮ってましたが、動きが速い為にブレた写真ばかりになってしまいました…(涙)
Pモードにこだわらずに増感(ISO感度を上げること)&露出優先モードで撮るべきでした…と反省。
※欲を言えば、F2.8の望遠レンズがあればなあ…なんて( ̄∀ ̄;)ニヤリ

今回はその中から、何とかお見せできる写真を何枚か。。。

070427_DSC5673.jpg
クラブをジャグリング。表情がいい感じ。(^□^;)


070427_DSC5644.jpg
ディアボロを空高く投げ上げる瞬間!!


070427_DSC5639.jpg
そしてキャッチ!! 決めの表情が面白いです。。。(^∇^;)


070427_DSC5708.jpg
こちらは奥田さんのジャグリング。
残り1個のクラブを相手にパスしてました。。。


070427_DSC5617.jpg
ディアボロをキャッチした瞬間!! 安堵の表情!?


今回のように動きの速い被写体の場合はシャッター速度優先モードで撮るのが正解のようですね。
普段、本当にシャッター速度優先モード…使わないんですよねぇ。

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィークです。
皆様はいかがお過ごしになるのでしょうか?
私は…帰省します。帰省中はブログの更新等が滞ってしまいます…(TεT)
今回のGWは何か面白いものが撮れるといいなあって思います。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

エントリ情報

コメント

大道芸人、MU-RA(ムーラ)

大道芸人のMU-RA(ムーラ)さん。(^。^;)

実は移動で道に迷ったり、そもそも移動に時間がかかったり(会場が広域に点在してる訳です)とで彼の芸を途中から見る羽目になってしまいましたが、それでもいくつか彼の芸を見ることができました。

070426_DSC5729.jpg
不安定な足場の上での倒立。左側の彼も必死です!!


070426_DSC5742.jpg
人の身長程はあろうかという高い一輪車!!


070426_DSC5765.jpg
一輪車の上でジャグリング。凄いです。。。


070426_DSC5790.jpg
足の下に棒をくぐらせてる所。絶妙なバランス感覚ですね。


070426_DSC5819.jpg
棒、ナイフ、りんごを使ってのジャグリング。形状や重さが異なるもののジャグリングは高難易度。


070426_DSC5849.jpg
演技が終わった後に撮ったもの。懸命な表情でした。


こういう大道芸を撮るときって結構悩みます。
芸の臨場感を旨く切り出したいと思う反面、演技中の演者の表情にも注目したいわけです。
引いて撮ると表情が生きてこない、逆に表情をアップにするとせっかくの芸の臨場感が損なわれてしまいます。
せっかく凄い(面白い)芸を披露してくれている訳なので、撮る方としては是非とも魅力的に撮りたいのですがなかなか難しいです。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

エントリ情報

コメント

クラウン、ツインキューブ

今回も女性二人組みのクラウン、ツインキューブの写真を。
調べてみると彼女達、東京都のヘブンアーティストに合格してるんですね、実力派!!

070426_DSC5915.jpg
ボール・ジャグリング、要するにお手玉ですね。
ジャグリングしているSAKUさんのボールをYUKAさんが奪い取っているところ。
お互いにボールを取り合いながらジャグリングを繰り返してました。。。


070426_DSC5920.jpg
バルーンを延ばしてたら、突然パチン!! 痛そう…!!! (XεX)


070426_DSC5945.jpg
お願いしてツーショットを撮らせてもらいました。 v(^。^)v


"クラウン"についてちょっと調べてみました。

日本語では道化師と呼ばれるクラウン、スペルはCLOWN。CROWN(王冠)とは違います。
日本では道化師というとピエロ(pierrot)が馴染み深いですが、ピエロはクラウンの一部で、哀愁をたたえている道化師のことのようです。

クラウン ≒ 陽気で人々を楽しませる存在
ピエロ ≒ 哀愁をたたえた存在

…といったところでしょうか。

シルク・ドゥ・ソレイユの人気もあいまって、日本でも"クラウン"という呼称が徐々に定着しつつあるのかなあなんて勝手に推測しています。

クラウン、被写体としてとても魅力的です。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

エントリ情報

コメント

ヨコハマ大道芸2007に行ってきました。

先日、横浜一帯で開催されたヨコハマ大道芸2007が開催されたので、撮りに行ってきました。

…と言っても"ヨコハマ大道芸"という一つのイベントが開催されたわけではなく、同じ日に横浜の各エリアで個別にイベントが開催されているという感じでした。
みなとみらい21、野毛(桜木町)、関内馬車道、吉田町、伊勢崎町とかなりの広範囲なので、とても1日ではまわり切れないです。

…ということで、まずはみなとみらい21大道芸の会場に。。。
会場といっても、みなとみらい21エリアの広域に点在していて、移動がとても大変でした。

色々撮りましたが、今回は可愛らしい女性二人のクラウン、ツインキューブの写真です。

070424_DSC5870.jpg
赤い髪のYUKAさん。大道芸と言えば、バルーンアートですよね。(^。^)
よく見ると風船の中に小さい風船が入っています。この後、風船がキリンさんになりました。


070424_DSC5879.jpg
こちらはSAKUさん。いい表情です。


070424_DSC5894.jpg
二人のコミカルなかけあいが軽妙でした。(^。^;)


070424_DSC5895.jpg
YUKAさんの表情が絶妙でした。


大道芸って演者と観客との関係性がとても重要で、いかに演者が自分達の空気を作り出せるかが実力の一つだと思います。
ちなみに、YUKAさんのHPはコチラ

今度はカメラ話。
今回はイベントということで、機動性が重要ということでレンズはSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DCで撮りました。
※一応SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSMのレンズも持参しましたが使いませんでした。
18-200mm、暗いのが弱点で速い動き等には苦戦しましたが、撮れた写真を観てみるとなかなかのパフォーマンス、このレンズ、結構侮れないなあって思いました。
あと、今回撮影する際に自分に課した課題として、"Pモードで撮る"というのを実践しました。
昔から絞り優先で撮ってた私、暗いレンズなので絞り優先モードで撮る方が有利な訳ですが、雑誌で梅佳代が撮影した優香の写真を観て、その素朴な写りにちょっと衝撃を受けてから、最近は街撮りでもPモードで撮るようにしています。
あとは、とても素敵な写真を撮られる何人かのフォトブロガーの方がPモードを多用されているというのを聞いたのもPモードにこだわってる理由の一つです。

暫くは大道芸の写真が続きます。。。(^□^;)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

エントリ情報

コメント

FC2って英訳に対応してるんですね、ビックリ!!

※今回はFC2のブログの自動英訳機能の話なのですが、今朝(2007/04/25)に試してみたところ、何故か英訳が出来なくなってしまいました。。。
…ということで、今回は記事の信憑性がなくなってしまいましたです。
…なんか(結果的に)ウソツキになってしまったのが釈然としません。どういうこと?FC2!!!


今回は写真とは関係ない話題。

最近知ったのですが、FC2のブログって英訳に対応してるんですね。
英訳機能を試してみたのですが、自分のブログが英語で表示されました。
単純にびっくりしました。
コメントやプラグインも英訳されます。

英訳機能の使い方はブログのURLの後ろに"en/"を付け加えるだけ。
私のブログの場合は…、

http://mtotm.blog66.fc2.com/ → http://mtotm.blog66.fc2.com/en/

私のブログに来てくださる皆さんの中にはFC2ブログの方も多いので、一度、試してみてはいかがでしょうか。

ところで、英訳の実力というと、ツッコミ所満載ではありますがそこそこ翻訳してくれます。

サンプルとして、いくつかの文章を用意してみました。
※英訳機能で実際に変換してみてください。

 これは1本のペンです。
 動物園のライオンは凶暴ではないよね。
 料理の「さしすせそ」は、砂糖と塩と酢と醤油、そして味噌です。
 昨日の夜はとても寒かったので、厚着をして寝ました。

あと、句読点も変換されるので、顔文字も変わります。(^。^;)

ここまで書いて気になったのですが、これってもしかして皆さん御存知…?

エントリ情報

コメント

調子に乗ってまた料理を作ってしまいました。

初めてのお客様にはドモ○ルンリ○クルはお売りできません@mToTmです。
この前、街でマチコ巻きをした(かつて乙女だった)ご婦人を見かけました。泣きそうです…。
マチコ巻きがわからない方は、お母様かお婆様に御確認の程、よろしくお願いします。
※まいっちんぐマチコ先生を想像したアナタ、1分間黙祷!!
#本サイトは写真サイトですが、管理人がとあるブログの文体をパクるオマージュすることがあります。

昨日、カレーライスの写真をアップしたら、思いの他評判がよかったので、調子ぶっこいて今夜も料理を作ってしまいました。
今夜の料理は…、

トマト煮込みですよ。
トマト煮込みですよ。これまた美味しかった。


実はこの料理、キャベツが加わったこととカレールーがトマト缶に変わった以外は、昨日のカレーライスと同じ材料と作り方だったりします。

材料(多分4人分…):
鶏肉(骨付き) → 200g(値段が安いから。他の肉でもOKですよ。)
じゃがいも  → 中1個
玉ねぎ    → 中1個
にんじん   → 中1本
キャベツ   → (多分)50gぐらい(1/4カットのキャベツを更に1/3切った程度)
トマト缶   → 1缶(400g)
油      → 少々(適当)
塩      → 少々(適当)
醤油     → 少々(かなり適当)

作り方:
1.じゃがいも、玉ねぎ、にんじんの皮をむく。
2.じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、キャベツを3?4cm角程度に切る。
3.鍋に油を引いて火を入れ(強火)、焼き色がつくまで鶏肉を炒める。
4.引き続き切った野菜を鍋に入れ、炒める。
5.トマト缶を鍋に入れ、具がひたひたになるまで水を入れる。
 ※間違っても缶ごと鍋に入れないように!!中身を入れるんです。。。( ̄ε ̄;)
6.水が沸騰したら、アクを取り醤油を入れ、中火か弱火にして15分程度煮込む。
7.最後に塩で味を調整してできあがり。

味的には具材の風味とトマトの酸味が相まっていい感じ。個人的にはご飯ともパンとも相性がいいなあと思います。
具材を変えてみたり、醤油のかわりにソースを使ってみても美味しいと思いますよ。

男ひとりで作る料理、簡単がモットーです。
…なんだか料理ブログになってますね…(^^;)b
この作り方、煮物系には共通していて、トマト缶の替わりにダシ汁&醤油にすれば肉じゃがになるし、ホワイトソースを入れればシチューに、デミグラスソースを入れればハヤシライスにと。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

カレーなる一族

電車の席取りに失敗しました@mToTmです。

週末の夜、久しぶりにカレーライスを作ってみました。

これが本当に美味しそうにできたので、食べる前にとりあえず撮ってみました。(⌒□⌒)
部屋で一人、カレーライスに向かって一眼レフカメラを構える様はさぞかしイタかったに違いないのであるが、この際気にしないでおこう…。
おまけに撮った写真もイマイチピントが甘く、冴えが無い…(X▽X)
理由は明確、手持ちで撮ったからなのだが、さすがに三脚を用意するまではねぇ。。。

でも、食べ物系のカメラマンの方はキチンと三脚を使って撮られるんですよね。

カレーライスは普遍の味!!
美味しかったぞ!!


今回のカレーの説明を少し。

特筆すべきは、骨付きの鶏肉を使用したところ。
他の部位に比べて値段が安いというのもありますが、骨から出る(と思われる)ダシがカレーに更なる旨みを加えてる(はず)。
野菜はジャガイモにニンジン、玉ねぎの3品。

…というわけで、明日も朝からカレーライスさ!!

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

エントリ情報

コメント

消失点の彼方へ…。

昔、美術の授業で遠近法の勉強をしたことがありました。
1点透視法、2点透視法、3点透視法。
様々なものが消失点に向かってどんどん小さくなっていく。
そんな図形をいくつもデッサンしたのを思い出しました。

写真は荒川の河川敷での一枚。
消失点の彼方には果たして何があるのだろう…。

消失点の彼方へ
消失点に消えていく…。

早起きは3文の得といいますが、今日はとんでもない時間に目が覚めた。
目が冴え冴えしていてスッキリもしているので、このようにブログの記事を書いているわけです。
私の中のサーカディアンリズムがどうやらおかしくなってる感じ。。。
おむすびパンダくん占いでは今日は62点、微妙な点数。 (-_-;)

せっかく早起きしたので、最近御無沙汰になってたコメントの返事&ブログ訪問でもしようっと。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。