スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

北千住に行ってきました。

前々から、行ってみたかった北千住に行ってまいりました。
新旧が入り乱れてるというのが私の感想、なかなか散策しがいのある街でした。

…ということで、北千住編です。
そういえば、久々に30mmのレンズを使いましたねぇ。

サトちゃん
言わずと知れたサトちゃんです。
ノボリが顔に被ってる感じが哀愁があって…。(^▽^;)

牛乳はビンでしょう!
牛乳や珈琲牛乳ってビンでのむと美味しさ3割り増しだなあと感じるのは私だけでしょうか?
ビン牛乳の自販機って珍しくありませんか?…という事で撮ってみました。

たぬきの日光浴?
なんとも味のあるタヌキ君達です。

2月も今日で最終日、あっという間に、暖かい間に2月が終わってしまいました。
明日から3月、、、もう春っすよ、春。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

Lensbaby 2.0の話

我慢なんて、できる訳なかったんです…。
そんなのは、わかりきった事でした…。
一目出会ったあの日から…。
試し撮りしたその日から…。

こうなる事は運命でした…。

(…という訳で)買っちゃいました、レンズベビー。( ̄□ ̄;)恍惚…

レンズベビーは、Lensbaby OriginalとLensbaby 2.0があり、最近になってLensbaby 3Gが発売されました。
3Gは大幅な機能追加があり、外観も他とは大きく異なるので、別格といったところでしょうか。
今回、Originalと2.0のどちらを買おうか迷いましたが、結局Lensbaby 2.0を購入いたしました。

このレンズ、ジャバラ部分を前後上下左右に動かすことにより、手軽にアオリ撮影ができるというシロモノで、アオリによってスイートスポット(ピントが合っている部分)以外の部分が流れたようになり、それが独特の描写となります。
その描写というのが本当に独特で、普通のレンズには無い"味わい"のある、いい絵が撮れるわけです。(^。^;)

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
070225DSC_4460.jpg
Lensbaby 2.0正面とレンズキャップ
オモチャレンズにしては上質感があります。

070225DSC_4466.jpg
側面から見たところ。レンズの側面がジャバラ状になってます。

焦点距離は、調べてみると約50mm、しかし、約55mmと記載されているサイトもあります。
どちらが正しいのか…というのは、このレンズに関して言えば、あまり意味がないような気がします、どちらも"約…"となってるし。
もちろん、操作マニュアルにはそこらへんの事、一切記載されてません、潔いです。

絞りはf2.8、f4.0、f5.6、f8.0の4種類の円形のディスクをレンズ前面にセットすることで調整することが可能になっています。(ディスクをセットしない状態がf2.0となります。)
Lensbaby 2.0ではレンズ前面にマグネットがあり、ディスクをレンズ前面に落とし込むだけでセットでき、Lensbaby Originalに比べて絞りの変更が格段に簡単になっています。このあたりは結構嬉しいかも。
絞りディスクは付属のケースに収納できるので、ディスクが無くなりにくい様に配慮されていてるのもGood。

ピント合わせは、レンズのジャバラ状の部分を指で前後させることで行います。
スイートスポットはうまくいけば(^。^;)ピントが合い、それ以外の部分は流れてしまい、それがこのレンズ独特の描写となります。
また、レンズを上下左右に傾けることで、スイートスポットを移動させることができ、これこそがレンズベビーの最大の特徴であり、醍醐味と言ってもいいでしょう。
この"ピントを合わせる"という操作に、人間的な曖昧さを含んでおり、撮っていて楽しい訳です。

070225DSC_4474.jpg
絞りディスクとレンズペン。
ディスクは左から順に、f2.8、f4.0、f5.6、f8.0。

070225DSC_4479.jpg
レンズペンのキャップを外した状態&絞り交換用スティック。

070225DSC_4480.jpg
絞り交換用スティックは絞りディスクのケースになっています。
Lensbaby 2.0になってからは、絞りの変更は絞り交換用スティックを使わずレンズペンを使用した方が望ましいでしょう。

Lensbaby 2.0とLensbaby Originalの違いの一つに、レンズそのものの違いがあります。
Lensbaby 2.0の方は、2枚の性質の異なるレンズを組み合わせ、レンズにコーティングを施すことで、スイートスポットの描写がよりシャープになっています。
一方Lensbaby Originalでは、コーティング無しの1枚のレンズで構成されています。
これらレンズ構成の違いは、描写の違いにもつながり、人によって好みが分かれるところかもしれません。

開放絞り値がLensbaby Originalはf2.8に対し、Lensbaby 2.0ではf2.0と明るくなっています。

私の場合、ニコン用のレンズを買ったのですが、私が使っているD200では、焦点距離と開放絞り値をカメラで設定することにより、カメラ側で自動的に測光することができます。
しかし、D80やD50、D70sなどのボディでは測光システムが使えない為、マニュアル露出モードでテスト撮影を行い、最適な露出を決める必要があります。
キヤノンや他のカメラの場合は…どうなんでしょう? 操作マニュアルでは、"キヤノンEOSはマニュアルと絞り優先モードが使用できます。"と記載されてますが…。
あと、スピードライト(フラッシュ)を使う際には色々と注意が必要みたいです。これもニコンとキヤノンについては操作マニュアルに記載があります。

070225DSC_4445.jpg
Lensbaby 2.0のパッケージ。オレンジが鮮やか。(^。^)

070225DSC_4482.jpg
レンズ収納用の巾着袋が付属しています。

レンズベビーでの写真、いろいろなブログで拝見することができますね、着実にユーザーの裾野が広がっているような気がします。
※…と勝手に思い込んでます。。。(^。^)
このレンズ、一度使ってしまうと、レンズの虜になってしまう…、それほど魅力的で個性的なレンズだと思います。

リンク:
LensBaby 日本語サイト
レンズベビー入口

ここからは作例となりますが、作例といえば、恒例のカエル君(笑)。
今回も御登場?。

F2.0の場合
F2.0の場合。
カエル君にピントが合うように右側にアオリを行ってます。画面左側が流れているのがお分かりでしょうか。

F2.8の場合
F2.8の場合。
F2.0に比べて若干ピントが合う範囲が広くなっています。

F4.0の場合
F4.0の場合。
さらにピントが合う範囲が広くなっています。左側のパッケージの描画もF2.0やF2.8に比べると違いがではじめています。
スナップ撮影ではこのあたりの絞りがよく使われるのではないでしょうか。

F5.6の場合
F5.6の場合。
画面左側のパッケージの文字が識別できるぐらいに、被写体深度が深くなっています。
このあたりの絞りも非常に撮りやすい感じ。しかし、このあたりからファインダーが若干暗く感じられました。

F8.0の場合
F8.0の場合。
被写体深度もかなり深くなり、左側のパッケージもはっきりと写ってます。
このあたりになると、ファインダーから見える像がかなり暗く感じられます。しかし、屋外での撮影であれば、それほど気にならないのかもしれません。





レンズベビー2.0 ニコンFマウント

エントリ情報

コメント

動物写真的レンズベビー!?

レンズベビーで撮った動物達の写真です。
普通のレンズとは一味違った動物ポートレート、とくとご覧あれ。m(^□^)m

ハシビロコウ、ただただ沈黙
上野動物園の人気者、ハシビロコウ君。
まさに、沈黙が良く似合う二枚目俳優です。(^。^)

ヤギ、草をパクパク
ヤギさん、草をパクパク。
表情が絶妙です(笑) それにしても旨そうに食うねえ。(^_^;)

オオアリクイ、エサを懸命に食べる
オオアリクイ君が、細長い舌をペロペロ出しながらエサを懸命に食べておりました。

記事のアップ&コメント&ブログ訪問が滞っておりましたが、ようやく手が付けられそうです。(^^;)
今日は久々に天気が悪くて、傘が手放せない一日でしたね。。。

しばらく、レンズベビーの写真が続いてますが、とりあえず今日で一区切りにしようかなあ…。
でも…、ムフフ。(^m^) (続く?)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:LensBaby Original

エントリ情報

コメント

レンズベビー的スナップ

今日もレンズベビー君の写真です。
今回は、動物園内のスナップを何枚か。

べんち
ベンチにまたがっている子どもにインスピレーション(?)を受けて撮りました。
梅佳代さんの「うめめ」的な写真を意識しました。(^^;)

エントリ情報

コメント

な、なんぼのもんぢゃい!!

威嚇!!
オラオラ!! ドケドケ!! なんぼのもんぢゃい!!

上野動物園の西園にある、こども動物園
その中ではヤギや子豚、ニワトリやウシ、ウサギなど、馴染み深い動物達と直接ふれあう事ができます。

活発に動き回る動物達を懸命にレンズベビーで追っかけながら撮ってましたが、なかなか難しかったですね。

…で、今回は、強気なニワトリ君を一枚。。。(^。^;)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:LensBaby Original

エントリ情報

コメント

ぬいぐるみ

上野動物園、動物達もたくさんいますが、ぬいぐるみだってたくさん。(^^;)
なんといっても可愛いし、ジッとしてくれるから(勝手に動いたらそれはそれで大変ですが…^^;)非常に撮りやすい!!

今回は可愛いぬいぐるみ達の写真をアップしてみました。
一挙大放出!! \(^。^)/

コアラ君
コアラ君、木にしがみついてました。(^。^)

エントリ情報

コメント

トイカメラな感じ

今回の上野動物園でのオフ会、トイカメラ持参の方々がとても多かったのが印象的。
LOMO-CAHOLGASuperSamplerまでありました。

まるで、トイカメラの万国博覧会やぁー(彦○呂風に)

LOMO-CA君
notitleさんのLOMO-CA。
およよ、レンズも普通とはちょっと違いますねぇ。(^。^;)

SuperSamplerケース!!
あかび?さんのSuperSamplerケース。
素材感もデザインも洗練されていて、とてもスタイリッシュですね。(≧。≦)くぅ?
こういうアクセサリー類が充実しているのもトイカメラの魅力の一つ。

SuperSampler参上!!
ケースをオープンすると、黄色いSuperSamplerがチラリと顔を覗かせました。
notitleさん、あかび?さん、撮影の御協力ありがとうございました。(^_^)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:LensBaby Original

エントリ情報

コメント

オフ会に行ってきました。(続報)

とてもGoodな天気だった2/12、いつも楽しいお写真をアップされているファルコンさんと、今回初めてお会いするあかび?さんが主催されるオフ会に参加いたしました。m(^□^)m
※今回の参加メンバーはあかび?さんのブログにて掲載されてるので、ここでは割愛させていただきます。m(__)m

場所は上野動物園、3連休の最終日&天気も良好ということで、当日は本当にたくさんの人々が動物園に来ておりました。
子供比率も非常に高かったですよ。(^、^)

今回は、ファルコンさんからレンズベビーなるものをお借りしての撮影。
このレンズベビー(LensBaby)、前々から是非とも試してみたいなあ?と興味津々のレンズ君でしたので、今回はとても楽しく使わせていただきました!! ファルコンさん、ありがとう!! m(__)m

借りた当初は、しばらく使ってみて、後はMyレンズで動物でも撮ろうかしらんと思っておりましたが、レンズベビーの魅力(魔力?)に完全にハマってしまい、とうとう最後(っていうか、二次会)まで、レンズベビーで通してしまいました。(^^;)

今回参加されたメンバーの方々もとても多彩で、プロカメラマンの方から初めてデジカメを使う方までいらっしゃいました。
カメラも、プロ使用の一眼デジカメあり、コンデジあり、トイカメラあり、携帯デジカメあり、フィルム一眼ありと…。特にトイカメラをお持ちの方々が多かったのがとても印象的でした。

…という訳で、オフ会写真、しばらく続きます、もちろんレンズベビー(LensBaby)で(^^;)

070214DSC_4040.jpg
何故か困ったような表情をしているのが素敵でした(笑)
この独特のボケ方とゆる?い描写がレンズベビーの魅力ですね。。。(´v`)

070214DSC_4046.jpg
ゾウさんも、こんなにゆるゆるで撮れます。(^^;)

070214DSC_4055.jpg
こちらは、サル山のニホンザル。ピントを合わせるのにコツがいりますね、完全にピントを合わせるのはとても難しかったです。

070214DSC_4061.jpg
ゴミ箱だって、こんな風に撮れてしまいます。(^◇^)

070214DSC_4062.jpg
こちらはハトさん。

070214DSC_4081.jpg
椿の木。たくさんの花が咲いておりました。

動物園で撮影の後は…、

エントリ情報

コメント

オフ会に行ってきました。(速報)

2/12(休)、快晴の上野動物園にて、ファルコンさんとあかび?さん主催のオフ会に参加いたしました。(^。^;)

オフ会の詳細は後日にアップしますが、とりあえず速報(って言うほど速報でもありませんが…T。T)で記事をアップします。

いそっぷ橋にて
いそっぷ橋の様子です。休日&天気も良かったこともあり、上野動物園には、たくさんの人々が来園しておりました。

エントリ情報

コメント

ヨコハマ ハイカラ

横浜といえば、ハイカラというのが私の持つ横浜のイメージの一つです。
色んな表情を持つ横浜、今回はハイカラというキーワードでまとめてみました。

ハイカラでも、モノクロ…\(^□^)/

TWO TELEPHONE BOXES.
携帯電話の普及で、めっきり使われなくなった公衆電話。
そんな公衆電話もヨコハマならこんなにハイカラ

InterContinental.
その特徴的な形のおかげで、すっかり横浜のランドマークの一つになったインターコンチネンタル
コチラはハイカラというよりはモダン…かな?

Welcome! Tokohama!!
Welcome!
ヨコハマはいつだってウェルカムです!! (^。^;)

ハイカラというと、「はいからさんが通る」を連想してしまいます。(^^;)
ところで、ハイカラって…死語ですよね。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。