スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

hanaさん撮影会、津々浦々(その1)

先日の5/12に開催されたhanaさん撮影会で撮った写真です。
20名程の方々が参加されてました、hanaさん人気を実感した次第。

今回は集合場所の御茶ノ水から湯島天神までの間+α。

参加された方々とお話をしたのですが、
「いつもは一人で撮ってるが、今回みたいに沢山で撮ると気軽に撮れる。」
とのお話が結構多かったのが興味深かったです、集団心理が働くのでしょうね。。。
確かに、一人では勇気がいる場面でも大人数だと大胆になれるような気がしました。

ハンガー
何故かハンガーが掛かってました。ライトブルーが綺麗なので一枚パシャリ。


街の会談を見下ろす光景
こういう、見下ろす感じの風景、結構好きです。(^ー^;)


葉っぱ
なんでもない葉っぱですが、緑が綺麗だったので。ついつい撮りたくなる被写体です。


マンションを見上げる。
各階の手すりが印象的なマンションを見上げるアングルで。


撮る人が沢山いると、被写体も色々。
"こんなのを撮るんだぁ"…と関心しきりでした。
撮影会の醍醐味かもしれませんね。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

街の植物

今夜はとっても寒い、寒すぎませんか?
暖かかったり寒かったり…調子が狂います。(X。X) Oh No!!

今回は街で見かけた植物の写真、場所は秋葉原。
街は植物無しでは生きられない…のかもしれませんね。

無題放免
何の植物でしょうか?花(?)の部分が面白い形をしていたので撮ってみました。

秋の名残
大通りに出て撮った一枚、落ちたイチョウの葉っぱが秋の終わりを感じました。

路地の植木
路地の植木鉢。花が沢山咲いてました。

椿一輪
椿の花一輪、絞り開放で柔らかく撮ってみました。
椿の花には強い存在感を感じます。

明日は部屋の大掃除が残ってます。。。(´。`) トホホ…

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

タイトルをつけるのに困る的写真

もういくつ寝ると、寝正月♪
?なんか違うような…ま、いいや(^。^;)

今回も裏秋葉原?なスナップ写真を何枚か。

日頃のメンテナンスが大切です。
5?6人の消防士さんが消防車をメンテナンスしていました。
日頃のメンテナンスが大切なんですねぇ。
日々の積み重ね、深い、深いなぁ。。。

Don’t stop my mind?
撮りたい衝動は止められない!?

しょうゆちゅるちゅるみちゅるりゅる
あわせてちゅるちゅるむちゅるちゅる
…はたして何に使うのでしょうか?気になりました。。。

ガタンゴトーン♪
京浜東北線が走り去っていきました。
とっさに流し撮りをしてみる、思いの他うまく撮れた。(^。^;)

今日(もう昨日)はびっくりするほど暖かかったですね。
まだ秋?ってなぐらいに。。。
エルニーニョ、ベイビー♪

それにしても、タイトル、適当ぉー♪

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

四角的スナップ

今日も秋葉原らしくない秋葉原スナップ。

今回のタイトル、アップする写真を眺めてたら"四角的だなあ"と思ったので付けてみました。 v(□。□)v

The cube.
ギュギュギュっと圧縮されてました。 )^□^;(ギュー

通行中
通行中です。

工事中
こちらは工事中です。

今回、50mmレンズをつけてモノクロ写真を撮ってみたのですが、このレンズ、モノクロとの相性がとてもいいなあと思います。
後で写真を確認してみてびっくり、被写体の陰影がとても豊かに写るんです。
そんなことってあるんですねぇ。。。(・。・)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

眼差しの違い

秋葉原の路地裏で撮った写真を2枚。

レンズの違い、画角の違いって、実は撮る人の眼差しの違いではないのでしょうか?
気持ちの違いと言ってもいいかもしれません。
撮り比べてみてそんな事を考えてました。

50mmのレンズで撮った一枚、逆光で撮ったのでかなりハイキーな写真ですね。
秋葉原のビル群を望む。
遠景に秋葉原のビル群を望む。
路地に入ると表通りとは違った表情を見せてくれました。

秋葉原の
こちらは30mmのレンズで撮った一枚です。
ほぼ同じ位置から撮ったのですが、こちらは空まで写ってます。
気持ちの違い、感じていただけましたでしょうか?

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4 (1枚目)
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM (2枚目)

エントリ情報

コメント

メリークリスマスだよん。

クリスマスイブ(あ、もうクリスマスだ)ということで、それっぽい写真をアップしますね。
場所は秋葉原です。

061224DSC_2119.jpg
サンタさんに遭遇。

061224DSC_2126.jpg
こちらは雪だるま?

今日(昨日?)は街中がクリスマスムードがムンムンでした。
私はというと、、、
秋葉原→御徒町→上野と散策(&撮影)した後に、鉄コン筋クリートを観て帰りましたorz←それにしても淋しいなあ…。
※公式サイトはコチラ

勝手に映画評!! ネタバレなしなので安心してお読み下さい。

最初に。万人向けではありません。。。
それに、大人が観る映画。

あと、シロの声(蒼井優)が凄い、シロのキャラに合いすぎてて怖い。
有名な俳優・女優が声をやってることもこの映画のウリの一つだが、今後もこの流れ(俳優・女優の起用≒声優の排除?)が続きそうですね。

内容的には原作通り、そのまんま。。。
全体を通して原作にかなり忠実だなあと。
個人的には"原作は原作、映画は映画"という発想なので、ここまで原作に忠実だと、逆に違和感を感じました。それぐらい忠実。

映像と音楽のクオリティはかなり高いと思いました。さすがはSTUDIO4℃
松本大洋ファンには満足のいく内容…なのかなあ?
単行本3巻分を1本の映画に詰め込んでるので、結構濃いです。

とりあえず、映画を観る前に原作本を読まれることを強くオススメします。
原作を知ってること前提に作られてるのでは?と思ってしまう程。
松本大洋の漫画ってクセが強い(鉄コン…は特にクセが強い)ので、原作を読んで"合わない"っと思われた方は映画も多分合わないでしょう。

映画評はこれぐらいにして。。。(映画評になってないですね^^;)

なにはともあれ、メリークリスマス!!

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

(裏)秋葉原散策

またも秋葉原散策。
しかし、俗に言う"アキバ"とは違ったルートです。

でかっ!
柳森神社にある御キツネ様(?)
※ちなみに、でかいのはお腹ではありません。

たぬき
同じく神社にある御タヌキ様。凛々しいです。

紫陽花
神社に咲いていた紫陽花です。

バラ
こちらは、歩道に咲いていたバラです。

肉の万世
秋葉原といえば、肉の万世です。(浅草の雷門ではありません。お間違いなく。^_^;)

日時計?
こちらは、東京メトロ神田駅近くの交差点にある歩行者信号機です。
決して日時計ではありません。

メトロ神田駅
メトロ神田駅の看板です。

散歩コース
お散歩ルートです。

距離も短く、見所もそれほど無いお気楽コースです。のんびり歩いて30分程度です。
秋葉原の違った一面が見えてくると思います。

例えば、電気街を歩いてからこのコースを歩くとか、神田あたりで古本屋街に行くなど応用を利かせるのも面白いでしょう。

エントリ情報

コメント

秋葉原・アキバ・AKIBA

久しぶりに秋葉原に行ったら、まるで風景が違っていてショックだった。
"街ってこれほど大きく変わるものなのか?"

ガチャポン
子供の頃、私の地元では"ガチャガチャ"と呼んでたような記憶があります。

ガード下
山手線が通過した。。。
この街を歩くとありとあらゆるものが"交差"している。

パーキングメーター
私が若い頃、この街に車で来る奴なんていなかったような気がします。

潜り抜ける空間
"交差"しているから潜り抜けたり渡ったり横切ったり乗り越えたりする訳です。

New Face!
これらのビルもあっという間にAKIHABARAの街に溶け込んでしまうに違いない。

消失点へ・・・
消失点ははるか彼方にあるからハッキリとは見えないのです。

「もしもし」から始まらない会話
携帯電話が普及してから、"もしもし"は会話の始めではなく、会話の途中に突然現れるようになりました。

エントリ情報

コメント

バイクメ???ン

写真を撮って歩いていると、時々カッコイイバイクに遭遇することがあります。
そういう時は大抵パシャっと撮ってしまうわけですが、
パーツ的には、ヘッドライトとスピードメーターに特に惹かれてしまうわけです。
※ちなみに私は原付しか乗れません…。

というわけで、今日はバイクのメーター編でまとめてみました。
最初の4枚が秋葉原で撮ったもので、最後の1枚は蒲田で遭遇した郵便バイクです。

バイクメーター甲
ヤマハのマークですね。
バイク好きの先輩の話では、"男は黙ってカワサキ"だそうです。

バイクメーター乙
今度はスズキ。
バイク好きの先輩の話では、"男は黙ってカワサキ"だそうです。

バイクメーター丙
好きな割には無知なのでメーカーがわかりません。
こちらはタコメーターもついてますね。
バイク好きの先輩の話では、"男は黙ってカワサキ"だそうです。
もういいって!!

バイクメーター丁
こちらはちょっと変わってて、ハンドルではなく燃料タンク部分にメーターがついてました。
男は黙って

バイクメーター戊
こちらは蒲田で遭遇した郵便バイクのメーターです。
シンプルイズゆうちょベストですね。

バイクのパーツって独特の美しさを持っていると思います。(私だけでしょうか?)

ちなみに、今回のタイトルは、望月峯太郎の漫画から拝借いたしました。
彼の漫画に対しては好きな人と嫌いな人とがハッキリ別れるような気がします。
好きな人は彼の描く独特の世界観にハマリ、嫌いな人は大抵、彼の画風に抵抗を感じるみたいです。

私は、"ドラゴンヘッド"と"鮫肌男桃尻女"しか読んだ事がありませんが、"ドラゴンヘッド"は読み始めたら止まらなくなり、漫画喫茶で半日以上過ごしてしまいました。
"ドラゴン…"も"鮫肌男…"も共に映画化されましたが、個人的には漫画の方が良かったと思いました。"ドラゴン…"については、あの世界観と連綿としたストーリー展開を実写で描ききるのは正直無理があったように思いました。(DVDレンタルで観てしまいました。。。)
妻夫木聡とSAYAKAというキャスティングを持ってくるあたりが如何にも日本映画的だなあと思いました。

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。