スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

コミュニケーション

渋谷駅で男性が携帯電話で会話をしている。


海外の話ですが、携帯電話での音声通話が減少傾向に転じたらしいです。
昨今のスマートフォンの隆盛も相まって、モバイル端末の利用が音声通話からデータ通信へと移行しているのでしょう。

誰もが何時でも何処でも相手と会話ができる。でも、話さなくて済むのなら、その方が楽だ。。。
・・・多分、そういう事だと思う。

コミュニケーションの性質として、相手と自分が同じだけ、お互いの時間を束縛してしまう。
束縛すべき時間をお互いが確保するのは、それなりにシンドイ事でしょう。

一旦、コミュニケーションの手間を惜しむようになったら、そこから考える手間を惜しむようになるまで、そんなに時間がかからないだろうなあ。。。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

極彩色な日常

外から見た「明日の神話」


一時期に比べてすっかりと足を止めて鑑賞する人が減ってしまった「明日の神話」ですが、ご覧のとおり外からも観ることができます。画面右に行くと井の頭線の渋谷駅へ、左に行くとJR渋谷駅へ続くコンコースの壁面に岡本太郎の傑作は展示されていて、床の下は普通に道路になっていて車や歩行者が往来しています。

アートについて考える時に、作品そのものの表現力や芸術性もさることながら、作品が”何処に存在しているか”ということが極めて重要な意味を持つ場合があります。特にパブリックアートにおいては、作品が存在する空間との関係性を無視することができません。芸術とはそれが何であれ”人々に訴えかける行為”である以上、作品と空間との関係性とは、取りも直さず、作品とヒトとの関係性に他なりません。

作品を目にし、音に聞き、五感に感じたヒトリヒトリに対して、何を感じ、または、何を感じなかったのかを否応なく問いただしてきます。美意識を問われることは、実はその人の人格そのものを問われることでもあります。極彩色の壁画は、常に往来する数多の人々の美意識を挑発し続けています。

「あなたにとって”美しい”とは何ですか?」

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

カバは今日も空を仰ぐ

赤いカバ


カバ式・・・。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

待ち合わせ

待ち合わせ


待ち合わせ、待ちぼうけの退屈から解放できるアイテムを普通の人々が手にしてから
もう既に10年以上が経ちました。

この10年で我々が手にすることができる情報量は爆発的に増加しており今も尚増加し続けているけれども、それに比べて我々が消費することができる情報量は通信インフラの拡充と情報端末の高性能化を以てしても微増しているに過ぎない。考えて見れば当たり前の事で、人間自体の(情報処理能力も含めた)身体能力が大きくは変化していないのだから。。。

しかし、よくよく考えてみると、情報を提供(公開)する側も人間(のはず)だから彼らの情報処理能力も受け手側とそれほど変わらないはずだ。勿論、文字⇒静止画⇒動画と情報そのもののデータ量が大きくなっているのだから、情報量全体も増加するだろう。ところがこの場合は送り手の情報量が増えた分、受け手の情報量が増える性質のものである。きっと、ここ10年で受け手が消費することができる情報量の微増は、そのような理由からだろう。

仮説ではあるけれど、送り手の情報量が爆発的に増えている理由は以下の2つかなあと思う。
1. 送り手の数が爆発的に増えている。
2. 情報の複製が増えている。

どうであれ、情報量が増えて我々が手にできる情報の選択肢が増えた事は多分良い事で、沢山の選択肢の中から選択出来る事で、より自分が欲しいモノを手にする事ができるようになったはずだ。。。



本当にそうなのか?



退屈を失った事が何を意味しているのか、まるで全く解らない。

ところで、数年前からノートパソコンと格闘している実家の母から久しぶりに電話があり、「最近、"検索"してもちっとも見たいページに辿りつけないから"検索"するのが面倒だ。」と漏らしていた。仕事柄、(ガッカリする程)ネット検索を使用する私自身、手にしたい情報に辿りつくのに前よりも時間がかかるような気がしている。もしかしたら、かつて退屈だった時間がそのまま検索している時間に置き換わっただけなのかもしれない。。。だとしたら、それってとても"残念"だ。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

HACHI

ハチ公


ハチ公の周りには今でも人が集まる。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

交差点より愛を込めて?

渋谷の交差点
今年ももうすぐ終わります。。。


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

タバコ

smoking
吸ったり、ふかしたり、くわえたり、飲んだりもする


タバコ税が値上がりするとかしないとか・・・。
喫煙派の方々にはますます肩身が狭い状況になっているようです。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

Bonjour :-)

091122DSC_1346.jpg
ワイン片手に・・・♪♪♪


公衆電話に空のワインボトル・・・、誰かがここに置いたのだろう?
どういう過程を経れば、このような結果に至るのか?・・・考えるだけで面白い。

今年はペットボトル入りのボジョレーヌーボーが発売されたそうです、自分はあまりワインを飲まないので特に興味も無いのですが、こういう話題を耳にすると、ああ、もう今年も終わるんだなあと思います。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

イヌの時間、ニンゲンの時間

朝晩めっきりと冷えてきました。
今日は自宅で仕事をしてましたから、日中の雰囲気は全くわからないまま。。。(?へ?)

ブログのアップも約2週間ぶりになってしまいました(^^;)

イヌ
にゃー♪


先日渋谷で撮った一枚、大型犬がコチラに気が付いたようです。
最近、大きなイヌをあまり見かけないような・・・。チワワやトイプードル的な小型のイヌは、一日に少なくとも一度は見かけるのですが、中型犬以上の大きさの犬って本当に見かける機会が減りましたよね。

都会では、中型犬や大型犬を飼える住環境というのは難しいのでしょう、マンション等でも飼える小型犬に人気が集まるのもわかる気がします。

この写真のワンコの表情を見るに、そんなニンゲンの都合をも全て受け入れてるような気がしてしまいます。そして、この子はご主人様に大切に育てられてるなあとも感じました。

もちろん、イヌの幸せはイヌにしかワカラナイのですが、きれいな毛並みを見て何となくそう思いました。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

一眼BOY

一眼BOY


渋谷での一枚。
場所柄、若者が多い。そして昨今、一眼レフカメラを片から下げている若者を多く見かけるようになった。

彼ら、彼女らは共通してオシャレでスタイルもよく、雰囲気も今風の若者そのものであり、
他の若者と同様に若者の街に溶け込んでいる。それは、従来の一眼レフカメラ(を持ってるヒト)に付きまとう、決してポジティブではない(マニア的な)イメージを払拭したと思うし、ある意味、カメラを趣味とすることの裾野を広げたとも思う。

街中で本当に多く見かけるようになった。
街中で本当に多く見かけるようになったのにも関わらず、彼ら(彼女ら)が街中で写真を撮ってる姿を全くと言っていい程に見かけたことがないのだ。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。