スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

隙あらば

隙間から顔を出す。


隙間があれば何でもできる・・・という名言(?)にもあるように(笑)、少しでもスキがあれば、そこから広い世界を目指すことだって出来るのかなあと。この写真を観ると、そう思えてくる。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

FOR RENT・・・大変ご無沙汰でした

FOR RENT
若者の街にも不景気の気配・・・


大変ご無沙汰しております。
ここ数ヶ月・・・仕事が忙しかったとはいえ、写真を撮らず、ブログの更新もせず、ブログ訪問もせず、、、
とまあ完全に写真&ブログから離れた生活をしていました。

写真から離れた生活を暫く続ける中で、実はそれほど写欲がわかなかったりもしましたが、
この終末、久しぶりに写真を撮りに行ってみたら、いつものようにシャッターを切ってました。(^。^)

写真を撮るのも久しぶりですが、D200&30mm F1.4の組み合わせで撮るのはもっと久しぶり、
しかし不思議なもので、このレンズを付けると"撮れる"という自信というか安心感みたいなものが
感じられて、写真を撮ることに対する不安というのが吹き飛んでしまいます。

もちろん、実際に撮った写真が皆様のお眼鏡にかなうレベルのものかどうかは判りませんが、
本当に久しぶりに写真を撮ることの楽しさ、充実感を感じられたヒトトキでした。。。

今回は、渋谷?原宿?青山?六本木?仙台坂?麻布十番というルートをおよそ半日かけて散策&撮影をしました。

今回の写真は原宿で撮った一枚、
久しく歩いた原宿ですが、裏路地の店舗などで"FOR RENT"という文字をあちらこちらで見かけました。
ああ、見た目に活気のある週末の原宿にも不景気の影響があるんだなあと感じた次第です。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

G?

G2



使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

ツルは上に伸びる。

090824DSCN2430.jpg
真っ直ぐ上に伸びるとは限らないが、できるだけ上に伸びる?


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

White wall

wall
白い壁、月日が様々な色を付ける。。。


使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherica

エントリ情報

コメント

作動中 VS 撮影中

防犯カメラ作動中
防犯カメラ作動中・・・私はそれを撮影中・・・♪


とあるジュースの自販機にこんなシールが貼られていました。

ニーズがあるとは言え、業者側が彼らの商売目的、つまり彼らの都合で自販機を設置しておきながら、
道行く我々を勝手に監視した挙句に、警告(WARNING)までするとは、どういう了見だろうか!? o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
・・・って思うのはmToTmだけなのかなあ。。。(;つД`)

エントリ情報

コメント

ヽ(´Д`;)ノ

090319_DSC6351.jpg
mToTm、今こんな感じ!?


コメントの返事やブログ訪問ができていません!! (≧へ≦)
この前の多摩ZOOの写真も整理できてないし・・・。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

開き戸

開き戸


料理屋さんなのだろうか、ダンボールと発泡スチロールと一升瓶がなんとも味わい深い。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

= null;

isNull() == true
isNull() == true


null → 空の、ない、ゼロの・・・といった意味。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

北京オリンピックも後半戦・・・

長らくSIGMA 30mm F1.4のレンズでガッチリ街撮りをしていなかったように思います。
久しぶりに使ってみたSIGMA 30mm F1.4、うん、やっぱり"撮れる"という安心感がありますね。

今年はお隣の国で、走ったり跳んだりと一生懸命だ。。。
今年はお隣の国で、走ったり跳んだりと一生懸命だ。。。


北京オリンピックもいよいよ後半戦です。
今回も色々な人生模様が垣間見られ、それは時に政治的だったり、はたまた経済的だったりもしたのでしょうが、身体能力を極限まで高めたアスリートが見せる独特の緊張感、あたりに漂う特別な空気に魅了されます。。。

4年に1回、しかもたった数週間しか行われないオリンピックという舞台の為に、己の人生の全てを賭けているアスリート達がいる、それだけでも十分に壮絶な生き様なのに、
オリンピックはそんな彼らを残酷にも、一握りの勝者と、圧倒的多数の敗者に振り分けてしまうのだ。

しかし、もしそれが残酷でなかったならば、我々は、これほどまでに夢中でいられるのだろうか?

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。