スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

コミュニケーション

渋谷駅で男性が携帯電話で会話をしている。


海外の話ですが、携帯電話での音声通話が減少傾向に転じたらしいです。
昨今のスマートフォンの隆盛も相まって、モバイル端末の利用が音声通話からデータ通信へと移行しているのでしょう。

誰もが何時でも何処でも相手と会話ができる。でも、話さなくて済むのなら、その方が楽だ。。。
・・・多分、そういう事だと思う。

コミュニケーションの性質として、相手と自分が同じだけ、お互いの時間を束縛してしまう。
束縛すべき時間をお互いが確保するのは、それなりにシンドイ事でしょう。

一旦、コミュニケーションの手間を惜しむようになったら、そこから考える手間を惜しむようになるまで、そんなに時間がかからないだろうなあ。。。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

極彩色な日常

外から見た「明日の神話」


一時期に比べてすっかりと足を止めて鑑賞する人が減ってしまった「明日の神話」ですが、ご覧のとおり外からも観ることができます。画面右に行くと井の頭線の渋谷駅へ、左に行くとJR渋谷駅へ続くコンコースの壁面に岡本太郎の傑作は展示されていて、床の下は普通に道路になっていて車や歩行者が往来しています。

アートについて考える時に、作品そのものの表現力や芸術性もさることながら、作品が”何処に存在しているか”ということが極めて重要な意味を持つ場合があります。特にパブリックアートにおいては、作品が存在する空間との関係性を無視することができません。芸術とはそれが何であれ”人々に訴えかける行為”である以上、作品と空間との関係性とは、取りも直さず、作品とヒトとの関係性に他なりません。

作品を目にし、音に聞き、五感に感じたヒトリヒトリに対して、何を感じ、または、何を感じなかったのかを否応なく問いただしてきます。美意識を問われることは、実はその人の人格そのものを問われることでもあります。極彩色の壁画は、常に往来する数多の人々の美意識を挑発し続けています。

「あなたにとって”美しい”とは何ですか?」

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

交差点より愛を込めて?

渋谷の交差点
今年ももうすぐ終わります。。。


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

秋の夜長のサスペンス

妄想族
現場百遍


現場は六本木ヒルズから程近い交差点。サンダルだけがそこに残り、持ち主は忽然と姿を消した・・・。
(物語はフィクションです)

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

エントリ情報

コメント

孤高

090825DSCN2463.jpg


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

バイオリン弾き

バイオリン弾き
既に音色は忘れてしまった。


写欲が湧かない。
夏の暑さのせいだろうか?

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

歩行と停止

渋谷スナップ


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

守衛たる日常

渋谷スナップ
守るに値する日常だったり・・・


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

Ride on !!

渋谷スナップ


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

匿名希望

渋谷スナップ
顔が見えない現実


使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。