スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

屋上乃現実

デパートの屋上


デパートの屋上は子供の頃の私にとってワクワクできる場所だった。
それは日常とは異なる夢のセカイだったのかもしれない。

あの頃から数十年、大した理由は無いのだがデパートの屋上に行ってみた。
夜の屋上は見渡す限り静寂のセカイが支配していて、下界の喧騒さえ聞こえてこない。
時々高速道路を走る車の音が逆に静けさを強調するようだ。

電源の落ちた遊具が昼間とは(きっと)異なる表情を見せる。
しばらく静寂の空間に我が身をおいてみる。

そして確信した。

ここは未だに夢のセカイなのだ。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12
スポンサーサイト

エントリ情報

×

×
×(Batsu!!)


○か×か・・・。
”コタエガアル”・・・と思った時点で既に”出題者”の罠に落ちているかもしれません。

”問題”は”解く”ことよりも”知る”ことの方が重要な場合があります。。。

例えば、

・・・なぜ、日常で使うことのない難解な漢字や熟字訓を颯爽と答える必要があるのだろうか?

・・・「吾輩は猫である」の著者が夏目漱石だと知ってる人よりも「吾輩は猫である」を
   実際に読んだ人の方が圧倒的に少ないのだとしたら、そもそも著書と著者のペアを
   記憶しておくことにどんな意味があるのだろうか?

・・・そもそも、”出題者”とは誰なのか?

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。