スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリ情報

透過された風景。そして「間接的」であるという事。

ネットを透過した記号としての新宿


直接的ではなく間接的に被写体を写す。

それは反射だったり透過だったりするのだが、どちらにせよ、本来の被写体から反射された光は何かを経由する事で、若干ではあっても暗く写ってしまう。また、この写真ではネットの色の影響で若干ではあるが青く写ってもいる。
つまりは、情報源(この場合は被写体)が持つ情報量が減る代わりに間接する媒体(フィルター)の性質が否応なく反映されてしまう事こそが”間接的”なのだ。

人々は昔から、様々なモノやコトに対して”間接的”を上手に利用してきた。何かを経由する事で対象の本質が引き出したり、新たな視点を得たり。難しい対象を簡易に扱う為の手段としても。およそ情報源となるモノは、冗長で雑多で混沌としている場合が殆どで、正しく理解する為にはそれらのノイズを適切に取り除いたり整理するなどの手間をかける必要がある。

例えば、テレビで世界情勢に関するニュースを観る場合、アナウンサーはきっと日本語で伝えるだろうが、情報源はきっと日本語ではない。現地のインタビュー映像が流れる場合でも字幕や吹き替えが施される事が殆どだ。このケースでは”翻訳”というフィルターを通す事で誰もが日本語で理解する事ができるようになった。

このように便利な”間接的”なるものであるが、我々にとって正しくその恩恵を享受する為には次の2つの条件を満たす必要がある。1つ目の条件は、おおよそであれ、情報源に対する何らかの知識なり理解がある事。そして2つ目の条件は、間接する媒体が何であるのかを知っている事だ。これらの条件を満たさなかった場合、”間接的”なるものが受け手である我々に悪影響を与えるかもしれないのだ。

にも関わらず、我々が手にするモノやコトの殆どについて、それらが実際に手にするまでにどのような媒体(フィルター)を経由したかを我々は知らないのだ。しかも、我々が知っていると思っている”媒体”についてさえ実はそれがどんな性質を持っているのかまでは知らない場合だってある。

ここまで書くと、間接的に手に入れるモノゴトの正しさを担保するのがもはや絶望的にすら感じてしまう。そこでどうするか?

”信じる”のである。

信じる事で、自分が手にしたモノゴトの正当性を評価する絶望的な作業を放棄し、評価に必要な時間や能力を節約する事ができるのだ。”信じる”という行為が時に美徳として語られる場合もあるのだが、実は単にリソースの効率化に過ぎない、、、と考えると安易に何でも信じるという事は、ただ単に横着なだけなのかもしれない。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical
スポンサーサイト

エントリ情報

コメント

都会の麓(ふもと)

都会の麓


久しぶりに写真をアップしてみました。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

エントリ情報

コメント

抽象的な写真

最近、写真を撮ってないしブログの更新頻度も落ちています。。。

どんより


今回はとても抽象的な写真をアップしました。
写真と自分との距離がここ暫く開いてるなあと感じるこの頃。。。
それでも、カバンにはいつもデジカメを入れています。。。

今回タイトルに”抽象的”という言葉を使ったので、なんとなく”抽象的”というキーワードで検索してみたら、、、

「抽象的とはどういう意味なのか具体的に教えてください。」

というのがありました・・・。

そして、

『「曖昧」と「抽象的」は全く違う』

というのもありました・・・。

抽象的というのを具体的に教えるというのは、なんだか難しそうだ。
仮に教えることができたとして、更に相手がそれを理解してくれたとして、
それは抽象的に理解してもらえたのか、それとも具体的に理解してもらえたのか・・・そのあたりも気になります。。。

さて、今回の写真は抽象的?それとも曖昧?

実はとても具体的な写真なのかもしれませんよ(^^;)

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

摩天楼

090524_DSC6370.jpg
空は遥か高く・・・


摩天楼とは言うものの、空は遥かに高く・・・。
今もなお、世界中で建てられている超高層ビルが我こそは世界一を目指している。

「災いなるかなバビロン、そのもろもろの神の像は砕けて地に伏したり」


かつて旧約聖書の時代、天まで届く塔を建てようとした人間の傲慢を神は許さなかったようだ。
そして現在、世界中に濫立する摩天楼を果たして神は許すのだろうか?

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherica

エントリ情報

コメント

東京都庁

東京都庁
東京の東京による東京のための…


”東京都庁が見えるエリアを新宿とする”

そんな乱暴な定義を頭に思い浮かべてみる。

もちろん、明らかに間違っているのだが、
新宿界隈を撮影していると、この定義がなんとなく正しいようにも思えてくる。。。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Lensbaby 2.0

エントリ情報

コメント

やわらかいセカイ

やわらかいセカイ
やわらかいセカイ


久しぶりにレンズベビーを使いました。
やっぱり面白いですね、他のレンズでは描写できない独特のセカイを写し出してくれます。

そういえば、レンズベビーのニューバージョン、レンズベビーコンポーザーが発売されましたね、従来のジャバラ方式とは異なり、簡単に合わせたピントをそのまま維持させることができるようになりました。
ピントを維持させる機構自体は、以前のレンズベビー3Gでも実現されていましたが、その機構のおかげで逆に街撮りスナップのようなシチュエーションでは不向きだったようにも感じましたが、レンズベビーコンポーザーはその点もクリアしたようです。
レンズベビーコンポーザーでは、従来と異なり、レンズユニットが交換できるようになったのも斬新ですね。

こうして歴代レンズベビーを並べてみると、変化というか進化というのが感じられて面白いです(^_^)
※以下の画像はそれぞれクリックできます。

 レンズベビーコンポーザー

 レンズベビー3G

 レンズベビー2.0

 レンズベビーオリジナル

以前、私が持っているレンズベビー2.0のレビュー記事を書きました。
よろしかったらコチラもご覧くださいね♪

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Lensbaby 2.0

エントリ情報

コメント

ザラザラ

テレビドラマでは、ギラギラというのが放送されていたようです(^^;)

ザラザラした写真
ザラザラした写真


写真とは関係ありませんが、だんご3兄弟って"だんご"と"タンゴ"をかけてるから曲がタンゴ調だったんだって、帰りの電車の中で気が付きました・・・( ̄∇ ̄;;)…っだんご♪

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

In the moonlight.

都会の夜はとても明るい。
夜の渋谷では夜になっても人が一向に減らず活気がある。
空を見上げたら遠く月が輝いていた。

080418DSCN0421.jpg
月明かりを忘れてしまう程明るい。。。


Docomoのロゴが新しくなるらしいです。
新しいブランドスローガンは「手のひらに、明日をのせて。」

ああ、携帯電話業界も成熟期に到達したんだなあと思いました。
成熟の後には飽くなき洗練の連鎖が待っています。
時代がまたちょっとだけ変わったのかなあって思いました。

使用カメラ:Nikon COOLPIX L12

エントリ情報

コメント

黄色は軽快色

都内の紅葉もいよいよ後半戦。
新宿の街にも紅葉がいっぱい。
見上げたら、黄色が軽快だった・・・。

071208_DSC0464.jpg
夜の漆黒に黄色が映える。。。


今回は別段、書く事がないです・・・(・ω・)b
まあ、そんなときも、ありますよね。

使用カメラ:Nikon D200
使用レンズ:Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4

エントリ情報

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。